Recent changes RSS feed

古本説話集

第14話 清少納言、清水の和歌の事

清少納言清水和哥事

清少納言、清水の和歌の事

校訂本文

今は昔、清少納言、清水に籠りたりけるに、宮より御使ひさして賜はせたる歌に、

  山ふかき入りあひの鐘の声ごとに今日ぞ日ごろの数は知るらん

また九月九日、月少し山ぎは近くなるほどに、つねまさの少将1)、高やかに呼びたてて、「これ右大臣殿2)の御文」とて、さし入れたる、香染の紙にて、

  みな人の心移ろふ長月のきくに我さへ過ぎぬべきかな

「遅し遅し」と責めにつかはす。「書きつづくべき方こそなかりしか」とぞ。右大臣殿は粟田口殿の事なり。

翻刻

いまはむかし清少納言きよ水にこもりたりける
に宮より御つかひさしてたまはせたるうたに
  山ふかきいりあひのかねのこゑことに
  けふそひころのかすはしるらん
また九月九日つきすこし山きはちかくなるほとに
つねまさの少将たかやかによひたててこれ右大臣
とのの御文とてさしいれたるかうそめのかみにて
  みな人のこころうつろふなかつきの
  きくに我さえすきぬへきかな
をそしをそしとせめにつかはすかきつつくへき方こそ/b55 e27
なかりしかとそ右大臣殿は粟田口とのの事也/b56 e28
1)
経房の少将(源経房)の誤りと考えられている。
2)
藤原道兼
text/kohon/kohon014.txt · 最終更新: 2016/01/21 11:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa