Recent changes RSS feed

古本説話集

第12話 清少納言の事

清少納言事

清少納言の事

校訂本文

今は昔、二月つごもり、風うち吹き、雪うち散るほど、公任の宰相1)の、中将と聞こえけるとき、清少納言がもとへ、懐紙(ふところがみ)に書きて、

  少し春ある心ちこそすれ

とありけり。「げに、今日のけしきにいとよくあひたるを。いかが付くべからむ」と、思ひわづらふ。

  空冴へて花にまがひて散る雪に

と、めでたく書きたり。いみじく褒め給ひけり。

俊賢(としかた)の宰相2)、「内侍になさばや」と、のたまひけるとぞ。

翻刻

いまはむかし二月つごもりかせうちふきゆき
うちちるほと公任の宰相の中将ときこえける
とき清少納言かもとへふところ紙にかきて
  すこしはるある心ちこそすれ
と有けりけにけふのけしきにいとよくあひたる/b53 e26
をいかかつくへからむと思ひわつらふ
  そらさへてはなにまかひてちるゆきに
とめてたくかきたりいみしくほめたまひけり
としかたの宰相ないしになさはやとのたまひける
とそ/b54 e27
1)
藤原公任
2)
源俊賢
text/kohon/kohon012.txt · 最終更新: 2016/01/20 16:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa