Recent changes RSS feed

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon011 [2017/08/20 13:14]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:kohon:kohon011 [2017/08/20 13:30] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 10: ライン 10:
 今は昔、季縄(すゑなを)の少将((藤原季縄))といふ人ありけり。 今は昔、季縄(すゑなを)の少将((藤原季縄))といふ人ありけり。
  
-大井に住みけるころ、御門((醍醐天皇))の仰せられける、「花おもしろくなりなば、かならず御覧ぜん」と。仰せられけれど、思し忘れて、おはしまさざりければ、少将、+大井に住みけるころ、御門((醍醐天皇。ただし、[[text:​yamato:​u_yamato100|三条西家旧蔵伝為氏筆本『大和物語』100段]]では、「亭子の御門」となっており宇多天皇(上皇)。))の仰せられける、「花おもしろくなりなば、かならず御覧ぜん」と。仰せられけれど、思し忘れて、おはしまさざりければ、少将、
  
   散りぬればくやしきものを大井川岸の山吹今さかりなり   散りぬればくやしきものを大井川岸の山吹今さかりなり
text/kohon/kohon011.txt · 最終更新: 2017/08/20 13:30 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2019 Satoshi Nakagawa