ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon008

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon008 [2016/01/20 15:47]
Satoshi Nakagawa [第8話 御形の宣旨、歌の事]
text:kohon:kohon008 [2016/01/20 15:52] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 8: ライン 8:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-今は昔、御(みあれ)の宣旨といふ人は、優にやさしく、かたちもめでたかりけり。皇太后宮の女房なり。中納言定頼、文おこせ給ふ。+今は昔、御(みあれ)の宣旨といふ人は、優にやさしく、かたちもめでたかりけり。皇太后宮((藤原妍子))の女房なり。中納言定頼((藤原定頼))、文おこせ給ふ。
  
   昼は蝉夜は蛍に身をなして鳴き暮らしては燃えや明かさん   昼は蝉夜は蛍に身をなして鳴き暮らしては燃えや明かさん
ライン 22: ライン 22:
   よそにても見るに心はなぐさまで立ちこそまされ賀茂の川波   よそにても見るに心はなぐさまで立ちこそまされ賀茂の川波
  
-とても、涙のみいとどこぼれまさりて、大方うつし心もなくぞおぼえける。+とても、涙のみいとどこぼれまさりて、大方うつし心もなくぞえける。
  
 蝉の鳴くを聞きて、 蝉の鳴くを聞きて、
ライン 36: ライン 36:
 ただ中納言をのみ恋ひ嘆きて、「いかに罪深かりけむ」と思ふに、貴くめでたき法師子を持ちて、山に置かれたりけるぞ、「罪少し軽るみにけむかし」とはおぼゆれ。 ただ中納言をのみ恋ひ嘆きて、「いかに罪深かりけむ」と思ふに、貴くめでたき法師子を持ちて、山に置かれたりけるぞ、「罪少し軽るみにけむかし」とはおぼゆれ。
  
->​御堂の中姫君、三条院の御時の后、皇太后宮と申したるが女房なり。大和の宣旨とも申しけり。世にいみじき色好みは本院の侍従・御の宣旨と申たる。侍従は、はるか昔の平中が世の人。この御形の宣旨は中ごろの人。されば、昔今の人を一手に具して申したる。((「御堂の中姫君」以下、底本二字下げ。注記の扱い。))+>​御堂の中姫君((藤原妍子))、三条院の御時の后、皇太后宮と申したるが女房なり。大和の宣旨とも申しけり。世にいみじき色好みは本院の侍従・御の宣旨と申たる。侍従は、はるか昔の平中((平貞文))が世の人。この御形の宣旨は中ごろの人。されば、昔今の人を一手に具して申したるなり。((「御堂の中姫君」以下、底本二字下げ。注記の扱い。))
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====
  


text/kohon/kohon008.txt · 最終更新: 2016/01/20 15:52 by Satoshi Nakagawa