ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:kohon:kohon007

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:kohon:kohon007 [2014/09/15 21:40]
Satoshi Nakagawa [第7話 和泉式部、歌の事]
text:kohon:kohon007 [2016/01/20 15:30] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 12: ライン 12:
   とどめ置きて誰をあはれと思ふらん子はまさりけり子はまさるらん   とどめ置きて誰をあはれと思ふらん子はまさりけり子はまさるらん
  
-また書写の聖のもとへ+また書写の聖((性空))のもとへ
  
   暗きより暗き道にぞ入ぬべきはるかに照らせ山の端の月   暗きより暗き道にぞ入ぬべきはるかに照らせ山の端の月
ライン 18: ライン 18:
 と詠みて奉りたりければ、御返事に袈裟をぞつかはしたりける。 と詠みて奉りたりければ、御返事に袈裟をぞつかはしたりける。
  
-病づきて失せむとしける日、その袈裟をぞ着たりける。歌の徳に後の世も助かりけむ。いとめでたき+病づきて失せむとしける日、その袈裟をぞ着たりける。歌の徳に後の世も助かりけむ。いとめでたきこと
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====


text/kohon/kohon007.txt · 最終更新: 2016/01/20 15:30 by Satoshi Nakagawa