Recent changes RSS feed

唐物語

第25話 漢の元帝と申す御門おはしましけり・・・(王昭君)

校訂本文

昔、漢の元帝と申す御門おはしましけり。三千人の女御・后の中に王昭君と聞こゆる人なん、華やかなることは誰にも優れ給へりけるを、「この人、御門に間近かくむつれつかうまつらば、我らさだめて物の数ならじ」と、あまたの御心にいやましく思しけり。

この時に夷(えびす)の王なりけるもの参りて申さく、「三千人までさぶらひあひ給へる女御・后、いづれにても一人給はらん」と申すに、上、みづから御覧じ尽さんことも煩ひありければ、その形を絵に描きて見給ふに、人の教へにやありけん、この王昭君の形をなん、みにくき様(さま)になむ写したりければ、夷の王給ひて、喜びひらけつつ、我が国へ具して帰るに、故郷(ふるさと)を恋ふる涙は道の露にも勝り、慣れし人々に立ち別れぬる歎きは繁き深山(みやま)の行末遥かなり。

かかるままに、ただ音(ね)をのみ泣けども、何のかひかはあるべき。

  憂き世ぞとかつは知る知るはかなくも鏡の影を頼みけるかな

あはれを知らず、情け深からぬ武士(もののふ)なれども、らうたき姿にめでて、かしづきうやまふこと、その国のいとなみにも過ぎたり。かかれども、ふりにし京(みやこ)を立ち別れにしより、今に至るまで、愁への涙、乾く間もなし。

この人は、鏡の影の曇りなきをのみ頼みて、人の心の濁れるを知らず。

翻刻

むかし漢の元帝と申御門おはしましけり三千
人の女御きさきのなかに王昭君ときこゆる
ひとなんはなやかなる事はたれにもすく
れ給へりけるをこの人御門にまちかくむつれ
つかうまつらは我らさためて物のかすならしと
あまたの御こころにいやましくおほしけり
この時にえひすの王なりけるものまいり
て申さく三千人まてさふらひあひたまへる/m428
女御きさきいつれにてもひとりたまはらん
と申にうへみつから御覧しつくさん事も
わつらひありけれはそのかたちをゑにかきて
見給に人のをしへにやありけんこの王昭君の
かたちをなん見にくきさまになむう
つしたりけれはえひすの王給てよろこひひ
らけつつ我くにへくしてかへるにふるさとを
こふる涙はみちの露にもまさりなれし
人々にたちわかれぬるなけきはしけきみ山
の行すゑはるかなりかかるままにたたねをの/m429
みなけともなにのかひかはあるへき
  うき世そとかつはしるしるはかなくも
  かかみのかけをたのみけるかな
あはれをしらすなさけふかからぬ物のふなれ
ともらうたきすかたにめててかしつきうやま
ふ事その国のいとなみにもすきたりかかれ
ともふりにしみやこをたちわかれにしより
いまにいたるまてうれへの涙かはくまもなし
この人はかかみのかけのくもりなきをのみた
のみてひとのこころのにこれるをしらす/m430
text/kara/m_kara025.txt · 最終更新: 2014/12/04 15:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa