Recent changes RSS feed

唐物語

第24話 上陽人上陽宮に閉じ込められて多くの年月を送りけり・・・

校訂本文

昔、上陽人、上陽宮に閉じ込められて、多くの年月を送りけり。

秋の夜、春の日、明け暮れは、風の音、虫の声より外に、またおとづるる物なきには、嵐にたぐふ紅葉の錦、百囀(ももさへづり)の鶯の声も、我ためはいと情けなき心地す。夜の雨、窓を打つ音にも、愁への涙、いとどまさりけり。

  いとどしくなぐさめ難き秋の夜に窓打つ雨ぞいとどわりなき

この人、昔、内に参りけるに、その形華やかにをかしげなりけるを頼みて、楊貴妃などをも争ふ心やありけん、一生つひに、むなしき床(ゆか)をのみ守りつつ、花の形いたづらにしをれて、むばたまの黒髪、白くなりにけり。

翻刻

むかし上陽人上陽宮にとちこめられておほく
のとし月ををくりけり秋の夜春の日あけく
れは風のをとむしのこゑより外に又おとつ/m426
るる物なきにはあらしにたくふもみちのにし
きももさへつりのうくひすのこゑも我ためは
いとなさけなき心ちすよるのあめまとをうつ
をとにもうれへのなみたいととまさりけり
  いととしくなくさめかたきあきのよに
  まとうつあめそいととわりなき
このひとむかしうちにまいりけるにそのかたちは
なやかにおかしけなりけるをたのみて楊貴妃
なとをもあらそふ心やありけん一生つゐに
むなしきゆかをのみまもりつつはなのかた/m427
ちいたつらにしほれてむはたまのくろかみし
ろくなりにけり/m428
text/kara/m_kara024.txt · 最終更新: 2014/12/04 03:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa