Recent changes RSS feed

唐物語

第23話 後漢の代に荀爽といふ人ありけり心かしこく顔美しき娘をぞ・・・

校訂本文

昔、後漢の代(よ)に荀爽といふ人ありけり。心かしこく、顔美しき娘をぞ持ちたりける。みめ心のたぐひなきのみにあらず、ざえ才覚並びなくて、せぬ様々なかりけり。これによりて、父母(ちちはは)もいつきかしづくこと限りなし。

かかりければ、高き卑しき、さながら心をかけてねんごろに挑み言はせける中に、隠瑜と聞こゆる人、心に足れることやありけん、この娘にあはせてけり。夫、心ざし深くて、またなきものに思ひけるも、まことにことはり深く見えけり。

三年(みとせ)ばかりになりぬれば、月日の過ぐるままには、いとどたぐひなくのみ思えて、さまざまに浅からず契りおきけることども、あまたたびになりぬ。かかるほどに、この男、病にわづらひて後、いくほどなくて、つゐにはかなくなりぬ。女の気色、あるにもあらぬ心地して、悲しさのあまりにや、命も絶えぬとぞ見えける。よそにみる人さへ、いとはしたなきほどに思えけり。

月日はあらたまれども、別れの涙は乾く時なかりけり。父母、「いかにして忘るる草の種を取りてしがな」と思へど、さらにかなふべくも見えず。

この時に同じ里に住みける郭奕といふ人、世に取りて卑しからず。時に用ゐられたり。この男、思ひの他に年ごろ住み渡りける妻(め)はかなくなりて、歎きやうやうおこたるほどに、この女を、「あはれ、いかでか」と、思ふに堪へぬ気色、色に出でぬ。これによりて、父母、煩ひなく許してけり。この女、「悲し」と思ひて、様々にあるまじきよしをねんごろに言ひけれど、「親の心に従はぬは、限りなき罪とは知らずや。みづからの心にこそ、ふさはしからずは思ふとも、いかでか親の本意をば違ふべき」など、なほ言ひけるに、昔の男よりも生まれける父のことは愚かに思ゆ理(ことはり)に負けて、なまじひに出で立ちつつ、今の男のもとへ行く行くも、袖のしづく乾く間もなかりけり。

かかりけれど、男の家近くなりければ、色形をあらためて、喜びたる気色になりぬ。車より降りつつ、なづらかに歩み入りぬ。帳の前に火白くかきたててうち居たる、事柄・気色を見るに嬉しく思ゆること限りなし。また、物なと見たる言葉につけても、恥かしくつつましくのみ思えて、たちまちに間近かく寄るべき心地もせず。臆せられて、やや久しくなるほどに、鐘も打ち、鳥さへ鳴きぬれば、この女、何となくすべきことあり顔にもてなして、身親しき女房、一人二人を具して、端の妻戸の内に入りぬ。かくて後、いたくうち泣きて、女房に語りていはく、「我、昔の契を思ふに、時の間も堪へ忍ぶべき心地せず。さりながら、父に背(そむ)ける罪を恐りて、なまじひにここまては来たれど、生きながら二人の人に契を結ぶべき理(ことはり)なければ、いまは限りの我が身とは知らずや」とて、

  親にこそ背かぬ道に入りぬとも古き契をいかが忘れん

「『生きては、一つ床の交はり絶ゆることなく、死なば、また同じ塚の塵にもなりなん』と誓ひしことは、中有の旅の空までも覚えん。我もまた忘れめや」と言ひはつれば、らうたきまなじりより紅(くれなゐ)の涙流れ出づる気色、まことに匂ひ異なる八重紅梅(やへこうばい)の春の朝(あした)の雨にしほれて、よそほひ久しきにかよひたり。

かくて、しばしばかりあるに、身の有様をや思ひさだめけん、指より血を出だして、妻戸の上に書きていはく、「我がかばねをば、隠瑜が墓のかたはらに置け」と書き付くるに、人の気色のしければ、騒ぎて、はての文字二三をば書きさしつ。みづからの帯を解きて、首を引き纏ひて、みづからはかなくなりぬ。

  紅の涙にまがふみづぐきの末をだにこそ書きもながさね

しばしあれば、絶え入りぬ。女房かかへて泣き居(を)れども、いふかひなくて、明けぬれば、男入り来て見るに、いかが思えけん、しばしばかり死に入りて、起きもあがらず。

時の人、泣き悲しみけり。この女は、穎川の荀爽が娘、南陽の隠瑜か妻(め)なり。今の夫は、太子師郭奕といふ人なり。

翻刻

むかし後漢のよに荀爽(シユンサウ)といふ人ありけり心
かしこくかほうつくしきむすめをそもち
たりけるみめこころのたくひなきのみにあら
すさえ才覚ならひなくてせぬ様々なか/m418
りけりこれによりて父ははもいつきかし
つく事かきりなしかかりけれはたかきいやし
きさなから心をかけてねんころにいとみいは
せけるなかに隠瑜(インユ)ときこゆる人心にたれる事
やありけんこのむすめにあはせてけり夫心
さしふかくて又なき物におもひけるもまこ
とにことはりふかくみえけりみとせはかりになりぬ
れは月日のすくるままにはいととたくひなく
のみおほえてさまさまにあさからすちきりおき
けることともあまたたひになりぬかかる程/m419
にこのおとこ病にわつらひてのちいくほとなく
てつゐにはかなくなりぬ女のけしきあるにも
あらぬ心地してかなしさのあまりにやいのちも
たえぬとそみえけるよそにみる人さへいとはした
なき程に覚けり月日はあらたまれともわか
れの涙はかはく時なかりけりちちははいかにして
わするるくさのたねをとりてしかなとおもへ
とさらにかなふへくもみえすこの時におなし
さとにすみける郭奕(クハクエキ)と云人よにとりてい
やしからす時にもちひられたりこのおとこ/m420
おもひのほかにとしころすみわたりけるめは
かなくなりてなけきやうやうをこたる程に
この女をあはれいかてかとおもふにたえぬけし
き色にいてぬこれによりてちちははわつらひな
くゆるしてけりこの女かなしと思て様々に
あるましきよしをねんころにいひけれとおや
のこころにしたかはぬはかきりなきつみとはし
らすや身つからの心にこそふさはしからすはお
もふともいかてかおやの本意をはたかふへきな
となをいひけるにむかしのおとこよりもむま/m421
れけるちちのことはをろかに覚ることはりにまけて
なましゐにいてたちつついまのおとこのもとへゆ
くゆくも袖のしつくかはくまもなかりけり
かかりけれとおとこのいゑちかくなりけれは色
かたちをあらためてよろこひたる気色にな
りぬ車よりおりつつなつらかにあゆみいり
ぬ帳のまへに火しろくかきたててうちゐ
たる事からけしきをみるにうれしくおほ
ゆる事かきりなし又物なとみたることは
につけてもはつかしくつつましくのみおほえて/m422
たちまちにまちかくよるへき心地もせすおく
せられてややひさしくなる程にかねもうちと
りさへなきぬれはこの女なにとなくすへき
ことありかほにもてなして身したしき女
房ひとりふたりをくしてはしのつまとの
うちにいりぬかくてのちいたくうちなきて
女房にかたりていはく我むかしの契を思ふ
に時のまもたえしのふへき心地せすさり
なからちちにそむけるつみをおそりてな
ましゐにここまてはきたれといきなか/m423
らふたりの人に契をむすふへきことはりな
けれはいまはかきりの我身とはしらすやとて
  おやにこそそむかぬみちにいりぬとも
  ふるき契をいかかわすれん
いきてはひとつゆかのましはりたゆる事なく
しなは又おなしつかのちりにもなりなんと
ちかひしことは中有のたひのそらまても
覚えん我も又わすれめやといひはつれはらう
たきまなしりよりくれなゐの涙なかれ
いつるけしきまことににほひことなるや/m424
へこうはいの春のあしたの雨にしほれてよ
そほひひさしきにかよひたりかくてしはし
はかりあるに身のありさまをやおもひさため
けんゆひよりちをいたしてつまとのうへに
かきていはく我かはねをは隠瑜かはかのかたはら
にをけとかきつくるに人の気色のしけれ
はさはきてはてのもし二三をはかきさし
つみつからのおひをときてくひをひき
まとひて身つからはかなくなりぬ
  くれなゐの涙にまかふみつくきの/m425
  すゑをたにこそかきもなかさね
しはしあれはたえいりぬ女房かかへてなきをれと
もいふかひなくてあけぬれはおとこいりきてみる
にいかかおほえけんしはしはかりしに入ておきも
あからす時の人なきかなしみけりこの女は穎川(エイセン)
の荀爽かむすめ南陽の隠瑜かめ也いまの夫は
太子師郭奕と云人也/m426
text/kara/m_kara023.txt · 最終更新: 2014/12/03 15:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa