Recent changes RSS feed

唐物語

第13話 尭と申す御門おはしましけり・・・(娥皇・女英)

校訂本文

昔、尭1)と申す御門おはしましけり。御政(まつりごと)より始めて、よろづめでたき御世の例(ためし)には、まづこの御事をのみこそ申すめれ。

娥皇・女英と聞こえ給ふ、二人の后さぶらひ給ひけり。御心ざし、いづれも勝り給へりと、けぢめ見えず。ただ、花か紅葉2)などの様に、浅からぬ御事にてなん侍りける。

かくて多くの年月をなむ保たせ給ひけれど、この世は限りある所なれば、御門、湘浦といふ所にて、はかなくならせ給ひぬ。

その後、二人の后(きさき)、紅(くれなゐ)の涙を流し給ひて、古きを思せりければ、籬(まがき)の呉竹も御涙に染まりて、まだらになりにけり。

  君恋ふる心の色の深きには竹も涙に染むとこそ聞け

昔の人の思ひそめつる事、浅からぬにや。

翻刻

むかし尭と申御門おはしましけり御まつりこと
よりはしめてよろつめてたき御よのためし
にはまつこの御事をのみこそ申めれ娥皇女英
ときこえ給二人のきさきさふらひ給けり御心
さしいつれもまさり給へりとけちめみえす
たた花か紅葉なとの様にあさからぬ御事にて
なん侍けるかくておほくのとし月をなむたも/m336
たせ給けれとこの世はかきりある所なれはみかと
湘浦といふ所にてはかなくならせ給ぬ其後
二人のきさきくれないの涙をなかし給てふる
きをおほせりけれはまかきのくれ竹も
御涙にそまりてまたらになりにけり
  君こふる心の色のふかきには
  たけも涙にそむとこそきけ
むかしの人の思そめつる事あさからぬにや/m337
1)
諸本多く「尭」だが、清水浜臣本の「舜」が正しい
2)
「花か紅葉」は尊経閣文庫本「紅葉」。清水浜臣本等「紅紫」
text/kara/m_kara013.txt · 最終更新: 2014/11/15 22:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa