Recent changes RSS feed

唐物語

第12話 男女あひ住みけり。年なども盛りにて・・・(望夫石)

校訂本文

昔、男女あひ住みけり。年なども盛りにて、よろづの行く末のことまで浅からず契りつつありふるに、この夫、思ひのほかにはかなくなりにけり。

その後、涙に沈みて、あるにもあらず思えけるを、「我も、我も」と懇(ねんご)ろに挑み言ふ人ありけれど、いかにも許さざりけり。

これを聞くにつけても、亡き影をのみ心にかけつつ、時の間も忘るるひまなくて、つひに命を失ひてけり。その屍(かばね)は石になりにける。

ことはりや契りしことの固ければつひには石となりにけるかな

この石をば、その里の人々、「望夫石」とぞいひける。一筋(ひとすぢ)に思ひ取りけむ心のありけん。有り難さも、この世の人には似ざりけり。

翻刻

昔おとこ女あひすみけりとしなともさかり
にてよろつの行すゑのことまてあさからす契/m334
つつありふるにこの夫思のほかにはかなくなり
にけり其後なみたにしつみてあるにもあ
らすおほえけるを我も我もとねんころにいと
みいふ人ありけれといかにもゆるささりけりこ
れをきくにつけてもなきかけをのみ心にかけ
つつ時のまもわするるひまなくてつゐにいのち
をうしなひてけりそのかはねはいしになり
にける
  ことはりや契しことのかたけれは
  つゐにはいしとなりにけるかな/m335
このいしをはそのさとの人々望夫石(ハウフセキ)とそい
ひけるひとすちに思とりけむ心のありけん
有かたさもこの世の人にはにさりけり/m336
text/kara/m_kara012.txt · 最終更新: 2014/11/15 15:23 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa