Recent changes RSS feed

唐物語

第10話 徳言といふ人陳氏と聞こゆる女に相具したりけり

校訂本文

昔、徳言といふ人、陳氏と聞こゆる女に相具したりけり。形、いとをかしげにて、心ばへなど思ふさまなりければ、互ひに浅からず思ひかはしつつ年月を経るに、思のほかに世の中乱れて、ありとある人、高きも賤しきも、さながら山林(はやし)に隠れまどひぬ。さりがたき親兄弟(おやはらから)も四方(よも)に立ち別れて、おのが様々逃げさまよへる中に、この人、別れを惜しむ心誰にも優れたりければ、人知れずもろともあひ契りけり。

「我も人も、いづ方となく失せなん後、おのづから世の中静まりて、またもあひ見る事ありなんものを、そのほどの有様をば、いかでか互ひに知るべき」と聞こえさするに、女の年ごろ持ちたりける鏡を中より切りて、おのおのその片々(かたかた)を取りて、月の十五日ごとに市(いち)に出だして、この鏡の半ばを尋ねさするものならば、必ずあひ見て、互ひにその有様を知るべし」と言ひつつ、いといたううち泣きて別れ去りぬ。

その後、この夫、恋しさわりなく思えて、いたづらに月日を過ぐるままに、「いかなる人に心を移して契りしことを忘れぬらん」と胸の苦しさ抑へ難くぞ思えける。

  ます鏡割れて契りしそのかみの影はいづちかうつりはてにし

かやうに思ひやりけるにしも、色・形のなまめかしく、花やかなるにやめで給ひけん、時の親王にておはしける人に限りなく思ひかしづかれて、年月を経るに、ありしには似るべくもなき 有様なれど、この鏡の片々を市に出だしつつ、昔の契りをのみ心にかけて、世の常はしたもえにてのみ過しけるに、鏡の割れ持ちたる人とて尋ねあひて、男女(をとこをんな)の有様、互ひにおぼつかなからず知りかはしつ。

女、これを聞きけるより、思えず悩ましき心地うち添ひて、うつし心ならぬ気色を見咎(みとが)めて、親王、怪しみ問ひ給ふを、さすがに覚えて、しばしは言ひ紛らはしけれど、しひてのたまはすれば、侘しながらありのままに聞こえさせ給ふ。親王、これを聞き給ふに、御袖も絞りあへず、あはれにいみじく思されけるにや、よそおひいかめしきさまにて出だしたてて、昔の男のもとへ送り遣はしたるに、徳言、限りなく嬉しきにつけても、まづ涙ぞ先立ちける。

  契りおきし心にくまやなかりけむふたたび澄みぬ中川の水

賤しからぬ有様を振り捨てて、昔の契りを忘れざりけん人よりも、親王の御情けは、なほたくひあらじや。

翻刻

むかし徳言といふひと陳氏ときこゆる女にあ
ひくしたりけりかたちいとおかしけにて
心はへなと思さまなりけれはたかひにあさか
らす思かわしつつとし月をふるに思のほ/m327
かに世中みたれてありとあるひとたかきも
いやしきもさなから山はやしにかくれまと
ひぬさりかたきおやはらからもよもにたち
わかれてをのかさまさまにけさまよへるなかに
この人わかれををしむこころたれにもすくれ
たりけれはひとしれすもろともあひ契けり
我も人もいつかたとなくうせなんのちをのつか
ら世中しつまりて又もあひみる事あり
なん物をその程のありさまをはいかてかたかひ
にしるへきときこゑさするに女のとしころ/m328
もちたりけるかかみをなかよりきりてをのをの
そのかたかたをとりて月の十五日ことにいちにいたして
このかかみのなかはをたつねさするものならは
かならすあひ見てたかひにそのありさまを
しるへしといひつついといたううちなきてわか
れさりぬそののちこの夫こひしさわりなく
おほえていたつらに月日をすくるままにいか
なる人に心をうつして契しことをわすれ
ぬらんとむねのくるしさをさへかたくそおほえ
ける/m329
  ますかかみわれてちきりしそのかみの
  かけはいつちかうつりはてにし
かやうに思やりけるにしも色かたちのなまめ
かしくはなやかなるにやめて給けん時の親王
にておはしける人にかきりなく思かしつかれ
てとし月をふるにありしにはにるへくもなき
ありさまなれとこのかかみのかたかたをいちにいた
しつつむかしの契をのみこころにかけてよ
のつねはしたもへにてのみすくしけるに
かかみのわれもちたる人とてたつねあひて/m330
おとこ女のありさまたかひにおほつかなからす
しりかわしつ女これをききけるよりおほえ
すなやましきここちうちそひてうつし
心ならぬけしきをみとかめて親王あやしみ
とひ給をさすかに覚てしはしはいひまきらは
しけれとしゐてのたまはすれはわひし
なからありのままにきこえさせ給親王これ
をきき給に御袖もしほりあえすあはれにい
みしくおほされけるにやよそおひいかめし
きさまにていたしたてて昔のおとこの/m331
もとへをくりつかわしたるに徳言かきりなく
うれしきにつけてもまつなみたそさき
たちける
  契おきし心にくまやなかりけむ
  ふたたひすみぬなか川の水
いやしからぬありさまをふりすててむかし
の契をわすれさりけん人よりも親王の御なさ
けは猶たくひあらしや/m332
text/kara/m_kara010.txt · 最終更新: 2014/11/15 03:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa