Recent changes RSS feed

唐物語

第7話 宋玉と聞こゆる人、形姿世にたぐひなく・・・

校訂本文

昔、宋玉と聞こゆる人、形・姿、世にたぐひなく、ざえ才学並びなかりけり。

この人住みける東の隣に、また、世にたぐひなく美しき女ありけり。この宋玉を「いかでも」と思ふ心の忍びがたさに、東の垣(かき)に、夜昼立ち添ひて伺(うかが)ひけれど、三年(みとせ)まで目をだに見遣(みや)らざりければ、恋ひ侘びて、つひに逢ふこと知らぬ涙に沈みはてにけり。

  恋ひ侘びて三年(みとせ)になりぬ花がたみ目ならぶ人のまたもなければ

ゆかしからずはなかりけめど、あまり心の優(いう)にて、「人に物を思はせん」と思へりけるにや、また、さもやなかりけん、心の内知りがたし。

翻刻

むかし宋玉ときこゆる人かたちすかた世に
たくひなくさへ才学ならひなかりけりこの人
すみける東のとなりに又世にたくひなくう
つくしき女ありけりこの宋玉をいかてもと
おもふ心の忍かたさに東のかきによるひる
立そひてうかかひけれとみとせまてめをたに
みやらさりけれはこひわひてつゐにあふことしら
ぬ涙にしつみはてにけり
  こひわひてみとせになりぬはなかたみ
  めならふ人の又もなけれは/m320
ゆかしからすはなかりけめとあまり心のいう
にて人に物をおもはせんと思へりけるにや又
さもやなかりけん心のうちしりかたし/m321
text/kara/m_kara007.txt · 最終更新: 2014/11/08 21:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa