Recent changes RSS feed

唐物語

第4話 梁鴻といふ人孟光にあひ具して・・・

校訂本文

昔、梁鴻といふ人、孟光にあひ具して、年ごろ住みけり。

この孟光、世にたぐひなくみめ悪(わろ)くて、これを見る人、心を惑はして騒ぐほどなりけれど、この夫をまたなきものに思ひて、かしづき敬ふこと、思ふにも過ぎたりけり。朝な夕なに飯匙(いひがひ)取りて、笥子(けこ)の器物(うつはもの)に盛りつつ、眉の上(かみ)に捧げて、懇(ねんご)ろに勧めければ、「斉眉(せいこ)の礼」とぞ、今は言ひ伝へたる。

  さもあらばあれ玉の姿も何ならずふた心なき妹がためには

心ざしだに浅からずば、玉の姿・花の形ならずとも、まことに口惜しからじかし。

翻刻

むかし梁鴻といふ人孟光にあひくしてとし
ころすみけりこの孟光世にたくひなくみ
めわろくてこれをみる人心をまとはしてさはく
ほとなりけれとこの夫をまたなきものに/m313
思てかしつきうやまふこと思にもすきたり
けりあさなゆふなにいゐかひとりてけこの
うつは物にもりつつまゆのかみにささけて
ねんころにすすめけれは斉眉(セイコ)の礼とそ
いまはいひつたへたる
  さもあらはあれ玉のすかたもなにならす
  ふた心なきいもかためには
心さしたにあさからすは玉のすかた花のかた
ちならすともまことにくちおしからしかし/m314
text/kara/m_kara004.txt · 最終更新: 2014/11/03 20:59 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa