Recent changes RSS feed

唐物語

第3話 賈氏といふ人たぐひなく形悪くて・・・

校訂本文

昔、賈氏(かし)といふ人、たぐひなく形悪(わろ)くて、顔美しき妻をなん持ちたりける。

この女、かばかり醜き人とも知らず、あひそめにければ、くやしき事取り返すばかりに思えけれど、いふかひなくて明かし暮らすに、良き事、悪しきこと、すべて物いはず、えも笑はで、世の常はむすぼほれてのみ過ぐしけるを、男、たぐひなく「憂し」と思ひて、「この女に物言はせ、うち笑ませばや」としけれども、いかにもかひなくて三年(みとせ)にもなりにけるに、春、野辺に出でて、もろともに遊び侍りけり。雉子(きぎす)といふ鳥の沢のほとりに立ち居侍りけるを、この夫、弓矢を取りて名を得たりければ、この雉子をたちどころに射殺してけり。

これを見るに、年ごろのにくさも忘れて、讃め、うち笑みたりければ、夫、嬉しさたぐひなく思えて、

  聞かましや妹が三年(みとせ)の言の葉を野沢のきぎす得ざらましかば

これを聞くにこそ、万(よろづ)のことよくしまほしけれ。

翻刻

むかし賈氏(カシ)といふ人たくひなくかたちわろく
てかほうつくしきめをなんもちたりける
この女かはかりみにくき人ともしらすあひそ
めにけれはくやしき事とりかへすはかり/m311
におほえけれといふかひなくてあかしくらす
によき事あしきことすへて物いはすえも
わらはてよのつねはむすほほれてのみすくしける
をおとこたくひなくうしとおもひてこの女に
物いはせうちゑませはやとしけれともいかに
もかひなくてみとせにもなりにけるにはる
野辺にいててもろともにあそひ侍けりきき
すといふとりのさはのほとりにたちゐはへり
けるをこの夫ゆみやをとりて名をえたりけれは
このききすをたち所にいころしてけりこれを/m312
みるにとしころのにくさもわすれてほめ
うちゑみたりけれは夫うれしさたくひなく
おほえて
  きかましやいもかみとせのことの葉を
  野さはのききすえさらましかは
これをきくにこそよろつのことよくしまほしけれ/m313
text/kara/m_kara003.txt · 最終更新: 2014/11/03 18:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa