Recent changes RSS feed

唐物語

第1話 王子猷山陰といふ所に住みけり・・・

校訂本文

昔、王子猷1)、山陰といふ所に住みけり。世の中のわたらひにほだされずして、ただ春の花・秋の月にのみ心を澄ましつつ、多くの年月を送りけり。

ことに触れて、情け深き人なりければ、月の光清くすさまじき夜、一人起きゐて、なぐさめがたくや思えけん、高瀬舟に竿差しつつ、心にまかせて戴安道を尋ね行くに、道のほど遥かにて、夜も明け、月も傾(かたぶ)きぬるを、本意(ほい)ならずや思ひけむ、かくとも言はで、門(かど)のもとより立ち帰りけるを、「いかに」と問ふ人ありければ、

  もろともに月見んとこそ急ぎつれ必ず人に逢はむものかは

とばかり言ひて、つひに帰りぬ。心の数寄(すき)たるほどは、これ2)にて思ひ知るべし。

戴安道は剡県といふ所に住みけり。この人の年来(としごろ)の友なり。同じさまに心を澄ましたる人にてなん侍りける。

翻刻

むかし王子猷(イウ)山陰(サンイン)といふ所にすみけり世中
のわたらひにほたされすしてたた春花秋
の月にのみ心をすましつつおほくのとし月を
をくりけりことにふれてなさけふかき人成けれ
は月のひかりきよくすさましきよひとりお
きゐてなくさめかたくやおほえけんたかせふね
にさほさしつつ心にまかせて戴安道をたつね
ゆくにみちの程はるかにて夜もあけ月もか
たふきぬるをほいならすや思ひけむかくとも
いはてかとのもとよりたちかへりけるをいかにととふ/m305
人ありけれは
  もろともにつきみんとこそいそきつれ
  かならす人にあはむものかは
とはかりいひてつゐにかへりぬ心のすきたる程
はたれにておもひしるへし戴安道は剡県(センケン)と
いふ所にすみけりこの人のとしころのとも也
おなしさまに心をすましたる人にてなん侍
ける/m306
1)
王徽之
2)
底本「たれ」。諸本により訂正
text/kara/m_kara001.txt · 最終更新: 2015/11/26 00:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa