Recent changes RSS feed

閑居友

上第21話 唐橋河原の女の屍の事

からはしかはらの女のかはねの事

唐橋河原の女の屍の事

校訂本文

1)いまだむげにいとけなく侍りしほどのことにや、唐橋近き2)河原に、身まかれる女を捨てたること侍りき。

この女は、おのが主(しう)の夫なるものに忍びに行き会ふとて、主の女、いみじく妬(そね)みて、男の外(ほか)にある間に、様々の謀りごとを構へて、いひしらず言葉も及ばぬことどもして、忍びにひき捨てさせたるなりけり。死ぬる女は年十九にぞなり侍りける。さらぬことだにもありや、世の人の心のさがなさは、行き集まりて見るもの稲麻竹葦3)のごとくぞ侍りし。

故郷の近く侍りしかば、まかりて見侍りしに、ふつに人の姿にはあらで、大きなる木の切れのやうにてぞ、足手も無くて侍りし。汚なく穢らはしきこと、譬へて言はん方なし。たとひ大海の水を傾(かたぶ)けて洗ふとも、なほ浄むることかたかるべし。ただ、よそに見るだにも忍びがたく堪へがたし。この時、誰か衾(ふすま)を重ね、枕を並ぶることあらん。

高きと下れるとこそ変れども、その身のなり行く様(さま)は、ただ同じかるべし。膚(はだへ)、肉(ししむら)を包み、筋、骨をまつひて、心にくきやうに見ゆる上に、楚山4)の黛(まゆずみ)色鮮やかに描き、蜀江の衣(ころも)、匂ひなつかしう焚きなしたればこそ、むつまじくも思え侍らめ。風吹き、日曝(さら)し、皮みだれ、筋解けて、清き草葉を汚(けが)し、大空をさへ臭くなすときは、誰か肩を組み言葉を交さむや。されば、龍樹菩薩は、「愛のあたの偽りを悟りぬ」と説き給ふ。天台大師は、「もし、これを見終りぬれば、欲の心すべてやみ」と釈し給へり。

また、これまでは、なほいぶせながらも、昔の名残を見るかたもあるべし。つひに白き木の枝(えだ)のやうにて、野原の塵(ちり)と朽ち果てて、ただ蓬(よもぎ)がもとに白露5)を留め、浅茅が原に秋風を残して、いささかの名残も無くなり侍りぬるは、いま少し夢幻(ゆめまぼろし)のやうにぞ侍るべき。

さても、うき世のならひなりければ、かかる身の有様を知らで、恨みに恨みを重ねて明かし暮す人もあるらむ。かやうにあだなる身の果てをしるべにて、「あるにもあらぬ身のゆゑに、いたづらに積りける罪こそ悔(くや)しけれ」など、思ひ続けて心を直さば、書き集むる心ざしたりぬとすべし。

さても、この河原の屍(かばね)の主(ぬし)、いたうむざうなり。一筋に悲しく恨めしき心にてこそ侍りけめ。さらに、「よも良き所に生まれ侍らじかし」とあはれにて、いささか見侍りし人を、高き賤(あや)しきを選ばず、その名を書き集めて、忍びに傍らに置きて、「少し浮みぬべきにや」と思ひ給ふる密言6)どもおろおろ読み侍る中に、生きたりし姿をこそ見ねども、「唐橋河原の死に屍(かばね)」と記し入れて、とひ侍るぞかし。

さても、この書き置く度(たび)に袖のしほるる藻塩草の中に、その顔などのきはやかにて、ただ今その人に向かへる心地のして、ところせきまでに思ゆるもあり。また、ほのかにも見し人などは、霞みたるやうに思ゆるも侍るべし。

そもそも、このことを思ひより侍りしこと、三乗の聖を見し人は、皆罪を除き、悟りを開きき。また、昔の高僧を見し人は、皆ほどにしたがへる益ありき。いま、この身に徳もし侍らましかば、見も見えずもする人々、少しの益(やく)もあるべきを、言ひ尽しがたく、あさましく、わづかに比丘の名を盗みて、返りて三宝を欺く罪を招くべき身なれば、その益(やく)、かけてもあるまじき悲しさに驚きて、見し人の昔語りになり行く数を記して、情けをば乞ひ侍るなり。

もし、この情け、甘露の雨となり、清涼7)の風となりて、各々(をのをの)ありかをとぶらはば、それをあやしの身に縁を結べる一つの益に、かつがつつかうまつらんと思ひ立ちにけるなるべし。新羅国の元暁の疏の文かとよ、「他作自受8)の理(ことはり)なしといへども、しかも縁起難思9)の力あり」といへる、頼もしくこそ侍れ。

閑居友上

翻刻

く侍へしいまたむけにいとけなく侍しほとの事
にやからはしと河原に身まかれる女をすてたる/上62オb131
事侍きこの女はをのかしうの夫なるものに
しのひにゆきあふとてしうの女いみしく
そねみておとこのほかにあるまにさまさまのはかり
事をかまゑていひしらすことはもおよはぬ事
ともしてしのひにひきすてさせたるなり
けりしぬる女はとし十九にそなり侍ける
さらぬ事たにもありやよの人の心のさかなさはゆき
あつまりてみるもの稲麻(タウマ)竹葦(ヰ)のことくそ侍し/上62ウb132
ふるさとのちかく侍しかはまかりてみ侍しにふつに
人のすかたにはあらておほきなる木のきれの
やうにてそあしてもなくて侍しきたなくけ
からはしき事たとへていはんかたなしたとひ
大海のみつをかたふけてあらふとも猶きよむる
事かたかるへしたたよそにみるたにもしの
ひかたくたゑかたしこのときたれかふすま
をかさねまくらをならふる事あらんたかきと/上63オb133
くたれるとこそかはれともその身のなり行
さまはたたおなしかるへしはたへししむらを
つつみすちほねをまつひて心にくきやうにみゆる
うゑに楚山(ソサン)のまゆすみ色あさやかにかき蜀江の
ころもにほひなつかしうたきなしたれはこそ
むつましくもおほえ侍らめ風吹日さらしかはみた
れすちとけてきよき草葉をけかしおほそら
をさへくさくなすときはたれかかたをくみことはを/上63ウb134
かはさむやされは龍樹菩薩は愛のあたのいつはりを
さとりぬととき給天台大師はもしこれをみおはり
ぬれは欲の心すへてやみと尺し給へりまたこれま
てはなをいふせなからもむかしのなこりをみる
かたもあるへしつひにしろき木のえたのや
うにて野はらのちりとくちはててたたよもき
かもとにしらつゆ(白露・ハクロ)をととめあさちかはらに秋風を
のこしていささかのなこりもなくなり侍ぬるは/上64オb135
いますこし夢まほろしのやうにそ侍へき
さてもうきよのならひなりけれはかかる身の
ありさまをしらてうらみにうらみをかさねて
あかしくらす人もあるらむかやうにあたなる身
のはてをしるへにてあるにもあらぬ身のゆ
ゑにいたつらにつもりける罪こそくやしけれな
とおもひつつけて心をなをさはかきあつむる心
さしたりぬとすへしさてもこの河原のかは/上64ウb136
ねのぬしいたうむさう也一すちにかなしくうら
めしき心にてこそ侍けめさらによもよき所
にむまれはへらしかしとあはれにていささか
み侍し人をたかきあやしきをゑらはすその
名をかきあつめてしのひにかたはらにを
きてすこしうかみぬへきにやと思給ふる密こ(言)
んともおろおろよみ侍中にいきたりしすかたを
こそみねともからはしかはらのしにかはねとし/上65ウb137
るし入てとひ侍そかしさてもこのかきをく
たひに袖のしほるるもしほ草の中にそのかほ
なとのきはやかにてたたいまその人にむかへる
心ちのしてところせきまてにおほゆるもあり
またほのかにもみし人なとはかすみたるやうに
おほゆるも侍へし抑この事を思より侍し事
三乗のひしりをみし人はみなつみをのそき
さとりをひらききまたむかしの高僧をみし/上65ウb138
人はみなほとにしたかへる益ありきいまこの身
にとくもし侍らましかはみも見えすもする人々
すこしのやくもあるへきおいひつくしかたくあ
さましくわつかに比丘の名をぬすみて返て三宝
をあさむくつみをまねくへき身なれはそのやく
かけてもあるましきかなしさにおとろきて
見し人のむかしかたりになりゆくかすをし
るしてなさけをはこひ侍也もしこのなさけ/上66オb139
甘露ノ雨となり清涼(リヤウ)ノ風となりてをのをのありか
をとふらははそれをあやしの身にえんをむすへる
一ノ益にかつかつつかうまつらんとおもひたちにける
なるへし新羅国ノ元暁の疏の文かとよ他作自(タサシ)
受(シユ)のことはりなしといへともしかも縁起難思(エンキナンシ)
のちからありといへるたのもしくこそ侍れ

閑居友上/上66ウb140
1)
底本「く侍へし」から始まるが、これは上第20話 あやしの男、野原にて屍を見て心を発す事の最後。
2)
底本「唐橋と」。諸本により訂正。
3)
底本、稲麻に「タウマ」、葦に「ヰ」と傍書。隙間なく並んでいるという意味。
4)
底本「ソサン」と傍注あり。
5)
底本「しらつゆ」と表記し、右に「白露」さらにその右に「ハクロ」と傍書あり。
6)
底本「密こん」と表記し、「こ」に「言」と傍書。
7)
底本「凉」に「リヤウ」と傍書。
8)
底本「タサシシユ」と傍書。
9)
底本「エンキナンシ」と傍書。
text/kankyo/s_kankyo021.txt · 最終更新: 2015/07/14 23:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa