Recent changes RSS feed

閑居友

上第20話 あやしの男、野原にて屍を見て心を発す事

あやしのおとこ野はらにてかはねをみて心ををこす事

あやしの男、野原にて屍を見て心を発す事

校訂本文

中ごろのことにや。山城国に男ありけり。あひ思ひたりける女なん侍りける。

何とか侍りけん、うとうとしき様(さま)にのみぞなり行きける。この女、うちくどき、「かくのみなり行けは世の中も浮き立ちて思ゆるに、誰も年のいたういふかひなくならぬ時、おのがよよになりなんも、一つの情けなるべし」と言ひけり。この男、驚きて、「え去らず思ふこと、昔につゆちりも違(たが)はず、ただし、一つのことありて、うとうとしきやうに思ゆることぞある。過ぎにしころ、ものへ行くとて、野原(のはら)のありしに、休みしに、死にたる人の頭(かしら)の骨のありしを、つくづくと見しほどに、世中あぢきなくはかなくて、『誰も死なん後は、かやうに侍るべきぞかし。この人も、いかなる人にか、かしづき仰(あふ)がれけん。ただ今は、いとけうとくいぶせき髑髏にて侍るめり。今より我妻(わがめ)の顔のやうを探りて、この様(さま)に同じきかと見んよ』と思ひて、返て探り合はするに、さらなり、などてかは異ならん。それより、何となく心も空に思えて、かく思し咎むるまでなりにけるにこそあなれ」と言ひけり。

かくて、月ごろ過ぎて妻に言ふやう、「出家の功徳によりて仏の国に生まれば、必ず返り来て、友をいざなはん時、心ざしのほどは見え申さんずるぞ」とて、掻き消つやうに失せぬとなん、ありがたく侍りける心にこそありけれ。

誰も皆、さやうのことは見るぞかし。さすが石木(いはき)ならねば、見るときはかきくらさるることもあり。いかにいはむや、目(ま)のあたり見し人の、深き情け、睦まじき姿、さもと思ゆる振舞などの、ただうたたねの夢にて止みぬるは、ことに心も発(おこ)りぬべきぞかし。しかはあれど、憂かりける心の習ひにて、時移り事1)去りぬれば、声立つるまでこそなけれども、笑(ゑわら)ひなども侍るべきにこそ。

かかるに、この男の、深く思ひ入れて忘れず侍りけんこと、かねては、彼の天竺の比丘のごとく、昔の世に不浄観などを凝らしける人の、この度(たび)思はぬ縁に会ひて、うき世を出づる種と成しけるにやとも思ゆ。

昔、いかなりける屍(かばね)の、せめてもこの人を導かんとて、あだし野の露消えも果てなで残りけるやらんと、おぼつかなくあはれなり。「あはれや、昔の聖の屍にや」とも思ひやり侍り。羅什三蔵2)の御母の塚のほとりにて、人の骨の白きを見給ひて道心発(おこ)して、長くうき世を出で果て給ひけん、思ひ出でられてあはれなり。

げにも、心あらむ人、これを見むばかり、道心発(おこ)りぬべきことやは侍る。されば、弘法大師3)は、「白き虫、穴の中にむくめき、青き蠅、口の中(うち)に飛ぶ。昔のよしみを尋ねんとするに、一度(たび)は悲しみ、一度は恥づべし」とぞ書き給へる。止観の中に、人の死にて身のみだるるより、つひにその骨を拾ひて煙(けぶり)となすまでのことを説きて侍るは、見る目も悲しう侍るぞかし。

かやうの文(ふみ)にも暗き男の、おのづからその心発りけんこと、なほなほありがたく侍るべし。4)

翻刻

中比の事にや山城国に男ありけりあひおもひ
たりける女なん侍けるなにとか侍けんうとうとし
きさまにのみそなりゆきけるこの女うちくと
きかくのみなりゆけは世中もうきたちておほ
ゆるにたれもとしのいたういふかひなくならぬ時
おのかよよになりなんもひとつのなさけなるへし
といひけりこのおとこをとろきてゑさらすおも
ふ事むかしにつゆちりもたかはすたたし一の事/上59オb125
ありてうとうとしきやうにおほゆる事そある
すきにしころものへゆくとてのはらのありし
にやすみしに死たる人のかしらの骨のありし
をつくつくとみしほとに世中あちきなくはかなく
てたれもしなんのちはかやうに侍へきそかし
この人もいかなる人にかかしつきあふかれけんたた
いまはいとけうとくいふせきとくろにて侍めりいま
より我めのかほのやうをさくりてこのさまに/上59ウb156
おなしきかとみんよとおもひて返てさくり
あはするにさら也なとてかはことならんそれよ
りなにとなく心もそらにおほえてかくおほし
とかむるまてなりにけるにこそあなれとい
ひけりかくて月ころすきてめにいふやう出家
の功徳によりて仏ノ国にむまれはかならす返き
てともをいさなはんとき心さしのほとはみゑま
うさんするそとてかきけつやうにうせぬとなん/上60オb127
ありかたく侍ける心にこそありけれたれもみな
さやうの事はみるそかしさすかいはきならねは
みるときはかきくらさるる事もありいかにいは
むやまのあたりみし人のふかきなさけむつま
しきすかたさもとおほゆるふるまひなとの
たたうたたねの夢にてやみぬるはことに心もを
こりぬへきそかししかはあれとうかりける心のな
らひにて時うつり時(事歟)さりぬれはこゑたつるまて/上60ウb128
こそなけれともゑわらひなとも侍へきにこそかかる
にこのおとこのふかく思いれてわすれす侍けん事
かねてはかの天竺ノ比丘のことく昔のよに不浄
観なとをこらしける人のこのたひおもはぬえん
にあひてうきよをいつるたねとなしけるにや
ともおほゆむかしいかなりけるかはねのせめても
この人を道ひかんとてあたしののつゆきゑも
はてなてのこりけるや覧とおほつかなくあは/上61オb129
れなりあはれや昔のひしりのかはねにやとも
おもひやり侍羅什(ラシフ)三蔵(サウ)ノ御母のつかのほとりに
て人ノ骨のしろきをみたまひて道心をこし
てなかくうきよをいてはて給けん思ひいてられて
あはれ也けにも心あらむ人これをみむはかり道心
おこりぬへき事やは侍されは弘法大師はしろき
むしあなの中にむくめきあをきはへ口のうち
にとふむかしのよしみをたつねんとするに/上61ウb130
一たひはかなしみ一たひははつへしとそかきた
まへる止観のなかに人のしにて身のみたるる
よりついにそのほねをひろひてけふりとな
すまての事をときて侍るは見るめもかなし
う侍そかしかやうのふみにもくらきおとこの
おのつからその心をこりけん事なをなをありかた
く侍へしいまたむけにいとけなく侍しほとの事/上62オb131
1)
「事」は底本「時」で右に「事歟」と傍注。傍注に従い訂正。
2)
底本「羅什」に「ラシフ」、「蔵」に「サウ」と傍注。鳩摩羅什のこと。
3)
空海
4)
底本、「いまたむけにいとけなく侍しほとの事」と続くが、これは上第21話 唐橋河原の女の屍の事の冒頭。
text/kankyo/s_kankyo020.txt · 最終更新: 2015/07/14 12:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa