Recent changes RSS feed

閑居友

上第14話 常陸国の男、心を発して山に入る事

常陸国のおとこ心ををこして山にいる事

常陸国の男、心を発して山に入る事

校訂本文

中ごろ、常陸国に、いふかひなきあやしの男ありけり。春にて侍りけるなめり。田かへしになんまかれりけるに1)、例よりもけにすきいりぬべく思えければ、まだ日も暮れなくに家に帰り来にけり。

妻(め)なりける女、「いかに」ととがむれば、「さればこそ。今日はいかに侍るやらん、物の食ひたくて、弱々しく思ゆれば来たるなり。何にても物用せよ。食はむ」と言ふ。この女、思はずに気憎(けにく)く答(いら)へて、「さらば、火吹きて焚きつけよ」と言ふ。男、火を吹きけるに、えなん吹きつけで煩ひけるを、この女、「あな憎(にく)のかたいや。不覚の者は」とて、履き物して顔を踏みたりける。この男、とばかりためらひて、やおら這ひ隠れぬ。

さて、者して、ここかしこ尋ねけれど、さらになし。人々も聞きあやしむほどに、年半(としなか)ばかり経て、隣2)の里の者、なすべきことありて、深き山に入りたるに、この男、おのづから行き会ひぬ。「あなあさまし。いましけるは」と言へば、「そのことなり。しかじか妻の女の当り侍りしに、道心の発(おこ)りて、『物欲し』と思ひて頼みて来たるかひもなく、はけはけと当りしに、まして、したることもなくて、あの世にて鬼に面踏(つらふ)まれんことこそ、悲しくあぢきなけれ。『しかじ、早くかかるうき世の中を遁れて、後世とらむ』と思ひて、やがてなん走り出でにしなり。さて、鎌を腰に差したりしをもちて、手づから髪を切り捨てて侍る。『僧に会ひて、剃刀(かんそり)してあらばや』と思ふなり。必ず僧具し聞こえておはせ」とぞ言ひける。さて、「食ひ物は、折にふれて木草の実あるを、石などにて打ち叩きて食へば、またく飢ゑに臨むことなし。折にふれつつ、風の吹き木の葉の変りゆくを、時にて楽しみ、身に余りて思ゆるなり」とぞ言ひける。

さて。里に行きて、そのよしを言ひければ、人々集まりて、僧あひ具して行きぬ。頭(かしら)剃り、戒たもちなどして、麻の衣・様々(やうやう)の物・袈裟なと用意したりければ、よよと装束きて、やかて奥ざまに行き隠れぬ。様々、食ひ物など持たせて行きたりけれども、ふつに目も見入れず、人にも何くれといふことなし。

その後、年ごろありて、人に一二度会ひたりけれども、鳥などのやうにて近くも寄らねば、ものなと言ひ語らふにも及ばずとなん。ついにはいかがなり侍りにけん。あはれにおぼつかなくこそ。

翻刻

中比常陸国にいふかひなきあやしの男あり
けり春にて侍けるなめり田かへしになんまかれ
りけるに(は)れいよりもけにすきいりぬへくおほえけ
れはまた日もくれなくにいゑにかへりきにけり/上42ウb92
めなりける女いかにととかむれはされはこそけふ
はいかに侍やらんもののくひたくてよはよはしくおほ
ゆれはきたる也なににても物ようせよくはむと
いふこの女おもはすにけにくくいらゑてさらは火ふ
きてたきつけよといふ男火おふきけるにえなんふ
きつけてわつらひけるをこの女あなにくのかたいや
ふかくのものはとてはきものしてかほほふみたり
けるこの男とはかりためらひてやおらはひかくれ/上43オb93
ぬさてものしてここかしこたつねけれと
さらになし人々もききあやしむほとにとしなか
はかりへて隣(トナリ)のさとのものなすへき事ありてふか
き山にいりたるにこの男おのつからゆきあひぬ
あなあさましいましけるはといへはその事也
しかしかめの女のあたり侍しに道心のおこりて
ものほしと思ひてたのみてきたるかひもなく
はけはけとあたりしにましてしたる事もなく/上43ウb94
てあのよにておににつらふまれん事こそかなしく
あちきなけれしかしはやくかかるうきよの中を
のかれて後世とらむとおもひてやかてなんはし
りいてにし也さてかまをこしにさしたりし
をもちててつからかみをきりすててはへる僧に
あひてかんそりしてあらはやと思也かならすそうく
しきこゑておはせとそいひけるさてくひものは
をりにふれて木草のみあるを石なとにてうち/上44オb95
たたきてくへはまたくうゑにのそむ事なし
をりにふれつつ風のふきこの葉のかはりゆくを
ときにてたのしみ身にあまりておほゆる也
とそいひけるさてさとにゆきてそのよしを
いひけれは人々あつまりて僧あひくしてゆきぬ
かしらそりかひたもちなとしてあさの衣やうやう
のものけさなとよういしたりけれはよよとさう
そきてやかておくさまにゆきかくれぬさまさまくひ物/上44ウb96
なともたせてゆきたりけれともふつにめもみいれ
す人にもなにくれといふ事なしそののちとし
ころありて人に一二とあひたりけれともとりな
とのやうにてちかくもよらねはものなといひかたらふ
にもおよはすとなんついにはいかかなり侍にけんあはれ
におほつかなくこそ/上45オb97
1)
底本「に」に「は」と傍書。
2)
底本「トナリ」と傍書。
text/kankyo/s_kankyo014.txt · 最終更新: 2015/06/21 04:16 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa