Recent changes RSS feed

閑居友

上第13話 高野の聖の、山がらに依りて心を発す事

かう野のひしりの山からによりて心おおこす事

高野の聖の、山がらに依りて心を発す事

校訂本文

中ごろ、高野に南筑紫(みなみつくし)といふ往生人ありけり。筑紫の者の二人、高野に住みて、北南に住処(すみか)をかまへて侍りければ、時の人、「南筑紫」・「北筑紫」と言ひけるなるべし。この南筑紫は、日に一合の御料(ごれう)を食ひて、さらにその他の物も食はずありければ、痩せ衰へてぞ侍りける。

ある時、さるべき人々集まりて、「なじかはかくばかり身をいましめ給ふべき。仏は御法(みのり)を習ひ行ふをこそ、本意(ほい)とは仰せられためれ。ただ、物など多からぬほどに食ひ、勤めをもよくしておはせかし」と言ひければ、聖の言ふやう、「昔の心の発(おこ)り侍りしころ、好みて聴聞をし侍りしに、尊き聖の法説(のりと)き給ひしを聞きしかば、『昔、かしこき人ありき。いまた家にありけるとき、いみじく小鳥を愛して飼ひけるが、一籠(こ)に山雀(やまがら)二つ入れたりけるに、一つの山雀は、物も食はで、つねには籠のはらに付きて、籠の目より出でんとのみして、痩せ細りて、水をだにも多くは飲まで、出でむとする営みの他、さらに異(こと)わざなし。いま一つの山雀、物いみじく食ひて、勇み誇れり。身も肥え太りてぞありける。さるほどに、この痩せたる山雀、いたく身も細りて、いかがしたりけん、籠の目より抜け出でて、飛びて去りぬ。これを見て、その主(あるじ)の男、『されば、うき世を出でんと営まむ人も、さるべきにこそ侍るめれ。つねにうちしめりて、高き咲(ゑわら)ひもせず、心思ひに物なども食はでこそ、あるべかめれ』と悟りて、やがて頭剃(かしらおろ)して、いみじく行ひて侍り』と説き給ひしを聞きしが、いみじく身にしみて、『我、もし出家の心ざしを遂げたらば、さらむよ』と思ひ初めし後、今はや、あまたの年を送り侍りぬ。我、ものいみじく食ひて力ありとても、何の行ひをかし侍るべき。あやまりて怠りぞ出で来侍るべき。はや、ゆるぎなく思ひかためてしことなれば、いかにのたまはすとも従ふまじきなり」とぞ答(いら)へける。さて、人々も涙を落して、言ふこともなくなりにけりとなん。

この事を聞きしより、深く身にしみて忘るる時なし。かの山雀のいにしへも、ことにあはれに偲ばしく侍り。されば、仏は、あるいは「三口食へ」とも教へ給ふ。あるいは、「五口食へ」とも仰せられたり。また、舎利弗は、「五口六口食ひて、これをたすには水をもてせよ」と言へり。されば、龍樹菩薩は、「身を益して、馬を養ふがごとくはすべからず」と説き給ひて、天台大師1)は、「食の法たることは、もと身をたすけて路に進まさむがためなり」と説き給へり。これらの教へを聞かずして、おのづから山雀のゆゑに悟りを発(をこ)しけん心、げにありがたく侍るべし。また、伝へ聞きて、「げに」と身にしみけん人も、かしこき心なり。

つらつら思ひ続くれば、この一盛りの食ひ物は、数もなき労(わづら)ひより来たれるにはあらずや。春の日の長きに、山田を返す賤(しづ)の男(お)の、引くしめ縄のうちはへて営み立つる労ひ、驚かす鳴子の山田の原の仮庵(かりいほ)。霜冴ゆるまでたしなみて、晩稲(おしね)を積める営み、あるひは、上れば下る稲舟(いなふね)に、水馴れ竿差しわび、あるいは逢坂山のはげしきに、脚を早むる駒もあり。また、手づから追ひ、みづから担へる営み。その数いくそばくぞや。いかにいはんや、山人の、ねるやねりその手もたゆく、力をつくせる薪(たきぎ)にてこれを営み、月の夜ごろは寝(い)ねもせず、からく営める塩竈の行方(ゆくゑ)などを思ふに、涙もとどまらす思えて、「我、これを食ひて、今日、その経その伝を開きて、聊2)心を発(おこ)しつ。この功徳をば、あまねく分かちて、この営みの人々に施す」など思ひ居て侍るぞかし。

しかあるに、憚りなくいたはりなく、いみじく多く食ひて、しはてには、こぼし散らしなどせんこと、その罪いかばかりぞや。願はくは、帳の外(ほか)を出でず、褥(しとね)の上を下らず、いまそからんあたりまで、げにと思しとがめさせ給はば、功徳にや侍る。

されば、唐土(もろこし)には、いかなる者の姫君も、食ひ物などしどけなげに食ひ散らしなどは、ゆめゆめせず。世にうたてきことになん、申し侍りしなり。この国は、いかに習はしたりけることやらん、はや癖になりにたれば、改めがたかるべし。ただ、かなひぬべからんほどを、御慎みもあれかし。

仏の、「この一粒(りう)の米(よね)を思ひはかるに、百の功を用ゐたり」と仰せられ、龍樹菩薩の、「これをはかり思ふに、食は少なけれども汗は多し」とのたまへる、あはれにこそ侍れ。

翻刻

中比高野にみなみつくしといふ往生人ありけり
つくしのもののふたりかうやにすみて北南にすみ
かをかまゑて侍けれは時の人南つくし北つくしと/上37ウb82
いひけるなるへしこの南つくしは日に一合のこれ
うをくひてさらにそのほかのものもくはすありけ
れはやせをとろえてそ侍けるあるときさるへき人々
あつまりてなしかはかくはかり身おいましめ給へ
き仏はみのりをならひおこなふをこそほいとはお
ほせられためれたた物なとおほからぬほとにくひつとめ
をもよくしておはせかしといひけれは聖のいふやう
昔の心のおこり侍しころこのみてちやうもんお/上38オb83
し侍しにたうときひしりののりときたまひ
しをききしかは昔かしこき人ありきいまたいゑに
ありけるときいみしくことりおあひしてかひけ
るか一こにやまから二いれたりけるに一のやまからは
ものもくはてつねにはこのはらにつきてこのめよ
りいてんとのみしてやせほそりて水おたにもおほく
はのまていてむとするいとなみのほかさらにことわ
さなしいま一の山からものいみしくくひていさみほこ/上38ウb84
れり身もこゑふとりてそありけるさるほとにこの
やせたるやまからいたく身もほそりていかかし
たりけんこのめよりぬけいててとひてさりぬ
これをみてそのあるしのおとこされはうきよを
いてんといとなまむ人もさるへきにこそ侍めれつねに
うちしめりてたかきゑわらひもせす心おもひに物
なともくはてこそあるへかめれとさとりてやかてか
しらおろしていみしくおこなひて侍と説/上39オb85
たまひしをききしかいみしく身にしみて我もし
出家の心さしをとけたらはさらむよと思ひそめし
のちいまはやあまたのとしををくり侍ぬ我ものい
みしくくひてちからありとてもなにのおこな
ひをかし侍へきあやまりておこたりそいてき
侍へきはやゆるきなく思ひかためてし事なれは
いかにのたまはすともしたかふましき也とそい
らへけるさて人々もなみたおおとしていふ事も/上39ウb86
なくなりにけりとなんこの事をききしより
ふかく身にしみてわするるときなしかのやま
からのいにしへもことにあはれにしのはしく侍
されは仏は或は三口くへともおしへ給或は五口くへと
もおほせられたりまた舎利弗は五口六口くひてこ
れをたすには水おもてせよといへりされは龍樹
菩薩は身を益して馬をやしなふかことくはす
へからすととき給て天台(タイ)大師は食の法たる事はも/上40オb87
と身をたすけて路にすすまさむかため也ととき
たまへりこれらのおしへをきかすしておのつから
やまからのゆへにさとりををこしけん心けにあり
かたく侍へしまたつたへききてけにと身にしみ
けん人もかしこき心也つらつらおもひつつくれはこ
の一もりのくひものはかすもなきわつらひよりきた
れるにはあらすや春のひのなかきに山田を返
すしつのおのひくしめなはのうちはへて/上40ウb88
いとなみたつるわつらひおとろかすなるこの山田の
はらのかりいほしもさゆるまてたしなみておし
ねをつめるいとなみ或はのほれはくたるいなふねに
みなれさほさしわひ或はあふさか山のはけしき
にあしをはやむるこまもあり又てつからおひみ
つからになへるいとなみそのかすいくそはくそやいかに
いはんや山人のねるやねりそのてもたゆくちから
おつくせるたき木にてこれをいとなみ月の夜/上41オb89
ころはいねもせすからくいとなめるしほかまの
ゆくゑなとをおもふになみたもととまらすおほえて
我これをくひてけふその経その伝をひらきて
聊(イササカ)心おおこしつこの功徳をはあまねくわかちて
このいとなみの人々にほとこすなと思ひゐて侍そ
かししかあるにははかりなくいたはりなくいみ
しくおほくくひてしはてにはこほしちらし
なとせん事そのつみいかはかりそやねかはくは帳の/上41ウb90
ほかをいてすしとねのうへおくたらすいまそからん
あたりまてけにとおほしとかめさせたまはは功
徳にや侍されはもろこしにはいかなるもののひめ
君もくひものなとしとけなけにくひちらしなと
はゆめゆめせすよにうたてき事になん申侍し也
この国はいかにならはしたりける事や覧はや
くせになりにたれはあらためかたかるへしたたか
なひぬへからんほとを御つつしみもあれかし/上42オb91
仏のこの一りうのよねを思はかるに百のこうを
もちゐたりとおほせられ龍樹菩薩のこれをはかり
おもふに食はすくなけれともあせはおほしとの
たまへるあはれにこそ侍れ/上42ウb92
1)
底本「台」に「タイ」と傍書。
2)
底本「イササカ」と傍書
text/kankyo/s_kankyo013.txt · 最終更新: 2015/06/21 21:58 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa