Recent changes RSS feed

閑居友

上第7話 清水の橋の下の乞食の説法の事

清水のはしのしたの乞食の説法事

清水の橋の下の乞食の説法の事

校訂本文

昔、清水の橋の下に薦(こも)にてあやしの家居せる者の、昼は市に出でてさかまたさかまたふりと言ふことを立てて、物を乞ひて世を渡るありけり。腰には薦のきれを巻きてぞありける。

かかるほどに、時の大臣なる人、いみじく心を致して仏事することありけり。導師(だうし)は時にとりて尊く聞こゆる人にてぞおはしける。このさかまたふりの僧、庭にたたずみて、ことの刻限をいみじくうかがひたりげに侍りければ、「さやうの乞食(こちしき)・片輪人などは、かやうの所には見へ来ることなればにこそ」など、人々は思ひけるほどに、既にことよくなりて侍りけるに、この僧、日ごろの姿にて、日隠しの間(ま)より歩み入りて高座に昇りにけり。「あれはいかに」と、「目もはつかなるわざかな」と怪しみ合ひたりけれど、「やうこそはあるらめ」とて、法要などして始まりにけり。

さて、説法言ひ知らずいみじく、「昔の富楼那尊者、形を隠して来たり給へる」など、言ひ扱ふほどに侍りけり。我もさめざめと泣きけり。この導師すべかりつる人も、雨しづくと泣きけり。御簾の中(うち)、庭のほとなどは、所せきほどにぞ侍りける。

さて、涙おしのごひて、高座より下り給ひければ、この主(あるじ)も、「対面せむ」と思ひ、人々もそのよし思ひけるほどに、下りはてければ、やかてれいのさかまたふり立てて、狂ひ出でて紛れにけり。その後は、「悪しきことしつ」とや思ひ給ひけん、かきくらし失せにけりとなん。「いかにも、ただ人にはあらざりけり」とぞ、人々も言ひ合ひたりける。げにただにはあらざりける人にこそ侍りけれ。

されば、止観の中には、「徳を隠さんと思はば、そら物狂ひをすべし」など侍るぞかし。「外(ほか)の振舞ひはもの騒がしきに形取りけめども、心の中(うち)はいかばかり諸法空寂の理(ことはり)に住しておはしけん」と、尊く侍り。

翻刻

昔清水のはしのしたにこもにてあやしの
いゑゐせるもののひるはいちにいててさかまたふりと
いふことをたててものをこひてよをわたるあり
けりこしにはこものきれをまきてそありける
かかるほとにときの大臣なる人いみしく心をいたして
仏事する事ありけりたうしは時にとりて/上21オb49
たうとくきこゆる人にてそおはしけるこのさか
またふりのそうにはにたたすみて事のこく
けんおいみしくうかかひたりけに侍けれはさやうの
こちしきかたは人なとはかやうの所にはみへく
る事なれはにこそなと人々は思けるほとにすてに事
よくなりて侍けるにこの僧日ころのすかたにて
日かくしのまよりあゆみいりてかうさにのほりに
けりあれはいかにとめもはつかなるわさかなとあや/上21ウb50
しみあひたりけれとやうこそはあるらめとて
ほうようなとしてはしまりにけりさて説法
いひしらすいみしく昔のふるな尊者かたちをかく
してきたりたまへるなといひあつかふほとに
侍けり我もさめさめとなきけりこの道師すへかり
つる人もあめしつくとなきけりみすのうちに
はのほとなとは所せきほとにそ侍けるさてなみ
たおしのこひてかうさよりおり給けれはこの/上22オb51
あるしもたいめんせむとおもひ人々もそのよし
思けるほとにおりはてけれはやかてれいのさかまた
ふりたててくるひいててまきれにけりそ
の後はあしき事しつとやおもひたまひけん
かきくらしうせにけりとなんいかにもたた人には
あらさりけりとそ人々もいひあひたりけるけにたた
にはあらさりける人にこそ侍けれされは止観の中
には徳をかくさんとおもははそらものくるひをすへし/上22ウb52
なと侍そかしほかのふるまひはものさはかしきにか
たとりけめとも心のうちはいかはかり諸法空寂の
ことはりに住しておはしけんとたうとく侍り/上23オb53
text/kankyo/s_kankyo007.txt · 最終更新: 2015/06/05 12:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa