Recent changes RSS feed

閑居友

上第3話 玄賓僧都、門をさして善珠僧正を入れぬ事

玄賓僧都門おさして善珠僧正おいれぬ事

玄賓僧都、門をさして善珠僧正を入れぬ事

校訂本文

昔、奈良の京、興福寺の僧にて、玄賓僧都といふ人おはしけり。智行ともにそなはりて、御門、僧都の位を授け給ひければ、歌を詠みて這ひ隠れにける

  とつ国は山水(やまみづ)清しことしげき君か御代にはすまぬ増されり

となん侍りける。ことにあはれにこそ侍れ。「とつ国」とは、「遠(とお)つ国」と言へるにこそ。まことに境隔たれる国の、人も通はで、いたづらに清き山水流れたる所、多く侍らんものをと、ことに身にしみて侍り。

さて、その心ざしを遂げ給ひける後の事なめり。御門の仰せにて、弘法大師の消息し給へる言葉にも、山深くいみじく思ひ澄ましておはするよし、とぶらひ給ひためるは、御返事いかが侍りけん、いぶせく思ひやられ侍り。

この僧都は、そのかみより名を逃るる心の深くおはしけるなめり。善珠大徳の僧正になりて、悦び申して返り給ひけるに、雨降りければ、蓑笠を着てなん返り給ひける。夜も更け、風も身にしみわたりければ、「もとの居所に、はやも返りてしがな」と思ひて、からうじて行き着きて、西面の僧房の戸口に立ちて、叩き給ふに、あえて音する答(いら)へもなし。

やや久しく叩かれて、この玄賓の君、いと低(ひき)やかに、「誰そ」と答へられけり。「あな、あさまし。『叩かば開け給へ』と、さばかり契り聞こえつる甲斐もなく、いといたう雨に降られて煩はしきに、いかでか遅く訪れ給ふ。まどろみ給ひつるか」とありければ、「『いたく良き振舞好む人は、またわびしき目にも会へば、思ひも知り給へかし』とて、遅く開くるぞかし」とぞ、答へごち給ひける。

この善珠僧正も、いみじき行ひ人なり。『霊異記』といふ文には、「死にて国王となりたり」とぞ侍れど、まことには、兜率(とそつ)の内院に生まれ給へる人なり。僧房の壁に唾(つばき)吐きかけたりとて、内院より返されて、様々の持物(もちもの)替へ、代(しろ)なべて、いみじき名香ども買ひて、湯に沸かして、僧房の壁を洗ひ給ひて、内院の往生遂げたる人なり。その壁は近頃まて香ばしく侍りけりとぞ。さても、この僧都のこと『発心集』にも見え侍るめれど、このことは侍らざめれば、よきついでに因縁も欲しく侍りて、書き侍りぬるなるべし。

すべて、この国に世を逃るる人の中に、この人はことにうらやましくぞ侍る。止観の中には、「徳を縮(つづめ)瑕を露はし、狂を揚げ実を隠せ」と言ひ、また、「もし、跡を遁れんに、脱るることあたはずは、まさに一挙万里にして、絶域他方にすべし」と言へり。今この跡を尋ぬるに、かの教へにつぶとかなひて侍るにや。あはれにかしこくこそ侍れ。

唐土(もろこし)の釈恵叡1)の徳を隠しわびて、八千里を隔てたる国に行きて、あやしの者のもとに、僧の形とも見えずなりて、羊を飼ひて世を渡りておはしけるは、見る目もさらにかき暗されて侍るぞかし。

今、この玄賓の君の跡を見るに、ある時は奴(つぶね)となりて人に従ひて馬を飼ひ、ある時は渡船に水馴れ、竿さして月日を送るはかりごとにせられけんこと、ことに忍びがたくも侍るかな。「あきはてぬれば」と嘆き、「またはけがさじ」と誓ひ給ひけん心の内、なほなほやるかたなくぞ侍るべき。

あはれ、仏のかかる心を与へ給ひて、「ただ今も走り出でて、跡形なく一人悲しみ、一人嘆きて、袖を抑へ涙を流してあらばや」と嘆けども、甲斐なくて、年も重なりぬるぞかし。

げに、人も知らぬ境にあらんは、いみじく澄み渡りてぞ侍りぬべき。むげに近き所なれども、そのかみ真野の入江を見侍りしに、比良山(ひらやま)おろし吹きすさみて、昔おぼしき尾花が末に鶉(うづら)いとあはれに聞こえしが、常に心に留まりて、「人もとがめぬ山の麓に、鶉を友として、あやしの草の庵(いほ)の身一つ隠すべき結びてみ侍らばや。さてまた、住みにくくは、いづくにも行き隠るるぞかし」など、常に思え侍るなり。しかあるに、いまだここを離るべき時の至らぬにこそ侍るめれ、障るべきことのありとしもなき身の、昨日も暮れ今日も過ぎぬること、なほなほ心のほかに侍り。

さてまた、つくづくと思ふには、このあやしの山の中に身を隠しても、八年(やとせ)の秋を送り来ぬ。天竺・晨旦の文をも、ここにて多く開けり。さるべき契にて、この山の水を飲み、この山の柴折り焼(く)ぶべき身にこそはあるらめと、思ひのどむる時もあり。かかるままには、ただかやうの人の跡を思ひ出でて、慕ひ悲しみて、心をやすめ侍れば、せめてのむつましさに記し入れ侍りぬるなるべし。

翻刻

昔ならの京興福寺の僧にて玄賓僧都といふ人
をはしけり智行ともにそなはりて御門僧都の
位おさつけ給けれは哥をよみてはひかくれにける
  とつくにはやまみつきよしことしけき
  君か御代にはすまぬまされり
となん侍けることにあはれにこそ侍れとつくにと
はとおつ国といへるにこそまことにさかひへたたれる
国の人もかよはていたつらにきよき山水なかれたる/上8オb23
所おほく侍らんものをとことに身にしみて侍りさて
その心さしをとけたまひける後の事なめり御
門のおほせにて弘法大師のせうそくし給へることは
にも山ふかくいみしくおもひすましておはする
よしとふらひたまひためるは御返事いかか侍けん
いふせく思ひやられ侍この僧都はそのかみよりなを
のかるる心のふかくおはしけるなめり善珠大徳の僧
正になりて悦申て返給けるにあめふりけれは/上8ウb24
みのかさおきてなん返たまひける夜もふけ風も
身にしみわたりけれはもとのゐ所にはやも返
てしかなと思ひてからうしてゆきつきて西面の
僧房のとくちにたちてたたき給にあえておとするいらへ
もなしややひさしくたたかれてこの玄賓のきみ
いとひきやかにたそといらへられけりあなあさまし
たたかはあけ給へとさはかり契きこゑつるかひ
もなくいといたうあめにふられてわつらはしきにいか/上9オb25
てかおそくおとつれたまふまとろみ給つるかとありけ
れはいたくよきふるまひこのむ人はまたわひしき
めにもあへは思もしりたまへかしとておそくあ
くるそかしとそいらへこちたまひけるこの善珠
僧正もいみしきおこなひ人也霊異記といふふみには
しにて国王となりたりとそ侍れとまことにはと
そつの内院にむまれたまへる人也僧房のかへにつは
きはきかけたりとて内院よりかへされてさまさまの/上9ウb26
もちものかへしろなへていみしき名香ともかひて
ゆにわかして僧房のかへおあらひたまひて内院の
往生とけたる人也そのかへはちかころまてかうはし
く侍けりとそさてもこの僧都の事発心集にも
見え侍めれとこの事は侍さめれはよきつゐてに
因縁もほしく侍てかき侍ぬるなるへしすへて
この国によをのかるる人の中にこの人はことにうら
やましくそ侍止観のなかには徳をつつめきすを/上10オb27
あらはし狂をあけ実おかくせといひまたもしあ
とをのかれんにのかるる事あたはすはまさに一挙万
里にして絶域他方にすへしといへりいまこのあとを
たつぬるにかのおしへにつふとかなひて侍にや
あはれにかしこくこそ侍れもろこしの釈恵(しやくのゑ)
叡のとくをかくしわひて八千里おへたてたる国に
ゆきてあやしのもののもとに僧のかたちともみ
えすなりてひつしをかひて世をわたりておは/上10ウb28
しけるはみるめもさらにかきくらされて侍そ
かしいまこの玄賓の君のあとをみるにあるときは
つふねとなりて人にしたかひてむまをかひ或
ときはわたしふねにみなれさほさして月日をを
くるはかりことにせられけん事ことにしのひかた
くも侍かなあきはてぬれはとなけきまたはけかさ
しとちかひ給けん心のうち猶々やるかたなくそ
侍へきあはれ仏のかかる心おあたへたまひてたたいまも/上11オb29
はしりいててあとかたなくひとりかなしみひとりな
けきて袖ををさゑなみたおなかしてあらはやと
なけけともかひなくてとしもかさなりぬるそか
しけに人もしらぬさかひにあらんはいみしく
すみわたりてそ侍ぬへきむけにちかき所なれとも
そのかみまののいりえおみ侍しにひらやまおろし
ふきすさみてむかしおほしきおはなかすゑにう
つらいとあはれにきこゑしかつねに心にととまりて/上11ウb30
人もとかめぬ山のふもとにうつらをともとしてあや
しの草のいほの身ひとつかくすへきむすひてみ侍
はやさてまたすみにくくはいつくにもゆきかくるるそか
しなとつねにおほえ侍也しかあるにいまたここ
をはなるへきときのいたらぬにこそ侍めれさはる
へき事のありとしもなき身の昨日もくれけふも
すきぬる事猶々心のほかに侍さてまたつくつくと思
にはこのあやしの山の中に身おかくしても八とせの/上12オb31
秋おをくりきぬ天竺晨旦のふみおもここにておほく
ひらけりさるへき契にてこの山の水おのみこの
山のしはおりくふへきみにこそはあるらめとおも
ひのとむるときもありかかるままにはたたかやうの
人のあとをおもひいててしたひかなしみて
心おやすめ侍れはせめてのむつましさにしるし
いれ侍ぬるなるへし昔空也上人山のなかにおはし/上12ウb32
1)
底本「釈恵」に「しやくのゑ」と傍注
text/kankyo/s_kankyo003.txt · 最終更新: 2015/05/31 13:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa