ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku7-19

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:k_konjaku:k_konjaku7-19 [2016/12/19 14:43]
Satoshi Nakagawa 作成
text:k_konjaku:k_konjaku7-19 [2016/12/19 14:44] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻7第19話 震旦僧行宿太山廟誦法花経見神語 第十九]
ライン 2: ライン 2:
 ====== 巻7第19話 震旦僧行宿太山廟誦法花経見神語 第十九 ====== ====== 巻7第19話 震旦僧行宿太山廟誦法花経見神語 第十九 ======
  
-今昔、震旦の隋の大業の代に、一人の僧有て、「仏法を修行す」とて、所々に遊行する間、太山の廟((太山府君の廟))に行き至ぬ。+今昔、震旦の隋の大業の代に、一人の僧有て、「仏法を修行す」とて、所々に遊行する間、太山の廟((太山府君の廟・泰山))に行き至ぬ。
  
 「此の所に宿せむ」と為るに、廟令と云ふ人、出来て云く、「此の所に別の屋無し。然れば、廟堂の廊の下に宿すべし。但し、前に此の廟に来り宿する人、必ず死する也」と。僧の云く、「死せむ事、遂の道也。我れ、苦ぶ所に非ず」と。廟令、僧に床を与ふ。然れば、廊の下に宿しぬ。 「此の所に宿せむ」と為るに、廟令と云ふ人、出来て云く、「此の所に別の屋無し。然れば、廟堂の廊の下に宿すべし。但し、前に此の廟に来り宿する人、必ず死する也」と。僧の云く、「死せむ事、遂の道也。我れ、苦ぶ所に非ず」と。廟令、僧に床を与ふ。然れば、廊の下に宿しぬ。


text/k_konjaku/k_konjaku7-19.txt · 最終更新: 2016/12/19 14:44 by Satoshi Nakagawa