ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku6-2

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:k_konjaku:k_konjaku6-2 [2016/10/06 22:36]
Satoshi Nakagawa [巻6第2話 震旦後漢明帝時仏法渡語 第二]
text:k_konjaku:k_konjaku6-2 [2018/05/24 12:21] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻6第2話 震旦後漢明帝時仏法渡語 第二]
ライン 4: ライン 4:
 今昔、震旦の後漢の明帝の時に、天皇、夢に見給はく、金色の人の長一丈余許なる来ると。 今昔、震旦の後漢の明帝の時に、天皇、夢に見給はく、金色の人の長一丈余許なる来ると。
  
-夢覚て後、智(さと)り有る大臣を召して、此の夢の相を問給ふ。大臣、申して云く、「他国より、止事無き聖人来べき相也」と。天皇、此れを聞給てより、心に係て待給ふ間に、天竺より僧来れり。名をば、摩騰迦・竺法蘭と云ふ。仏舎利、及び正教、多く具し奉たり。即ち、天皇に奉る。天皇、此の人を待ち得給て、心に喜て、帰依し給ふ事限無し。+夢覚て後、智(さと)り有る大臣を召して、此の夢の相を問給ふ。大臣、申して云く、「他国より、止事無き聖人来べき相也」と。天皇、此れを聞給てより、心に係て待給ふ間に、天竺より僧来れり。名をば、摩騰迦((迦葉摩騰))・竺法蘭と云ふ。仏舎利、及び正教、多く具し奉たり。即ち、天皇に奉る。天皇、此の人を待ち得給て、心に喜て、帰依し給ふ事限無し。
  
 其の時に、此の事を受けぬ大臣・公卿、多かり。何況や、五岳の道士と云ふ者、其の数有り。「我が立る道を以て、国王より始奉り、人民に至るまで、国の内の上中下の人、皆此の道を止事無き事として、古より今に至るまで、国挙て崇めらるるに、忽に異国より来れる、形も替り衣服も異なる、心も得ぬ者の、由無き文共を具して来れるを、天皇、崇めしめ給ふは、極て安からぬ事」と思て、歎き合へる也。世にも、亦、此れを謗るなるべし。 其の時に、此の事を受けぬ大臣・公卿、多かり。何況や、五岳の道士と云ふ者、其の数有り。「我が立る道を以て、国王より始奉り、人民に至るまで、国の内の上中下の人、皆此の道を止事無き事として、古より今に至るまで、国挙て崇めらるるに、忽に異国より来れる、形も替り衣服も異なる、心も得ぬ者の、由無き文共を具して来れるを、天皇、崇めしめ給ふは、極て安からぬ事」と思て、歎き合へる也。世にも、亦、此れを謗るなるべし。


text/k_konjaku/k_konjaku6-2.txt · 最終更新: 2018/05/24 12:21 by Satoshi Nakagawa