ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku5-32

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:k_konjaku:k_konjaku5-32 [2016/10/04 12:04]
Satoshi Nakagawa 作成
text:k_konjaku:k_konjaku5-32 [2016/10/04 12:17] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻5第32話 七十人余人流遣他国語 第卅二]
ライン 1: ライン 1:
 今昔物語集 今昔物語集
-====== 巻5第32話 七十余人流遣他国語 第卅二 ======+====== 巻5第32話 七十余人流遣他国語 第卅二 ======
  
-今昔、天竺に七十に余る人を他国に流遣る国有けり。其の国に一人の大臣有り。老たる母を相具せり。朝暮に母を見て、孝養する事限無し。+今昔、天竺に七十に余る人を他国に流遣る国有けり。其の国に一人の大臣有り。老たる母を相具せり。朝暮に母を見て、孝養する事限無し。
  
 此の如くして過る間だに、此の母、既に七十に余りぬ。「朝に見て、夕に見ぬそら、尚不審(おぼつかな)さ堪へ難し。何況や、遥なる国に流遣て、長く見ざらむ事、更に堪ふべきに非ず」と思て、子の大臣、密に土の室を掘て、家の角に隠し居へつ。家の人そら、此れを知らず。況や、世の人、知る事無し。 此の如くして過る間だに、此の母、既に七十に余りぬ。「朝に見て、夕に見ぬそら、尚不審(おぼつかな)さ堪へ難し。何況や、遥なる国に流遣て、長く見ざらむ事、更に堪ふべきに非ず」と思て、子の大臣、密に土の室を掘て、家の角に隠し居へつ。家の人そら、此れを知らず。況や、世の人、知る事無し。


text/k_konjaku/k_konjaku5-32.txt · 最終更新: 2016/10/04 12:17 by Satoshi Nakagawa