ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku4-8

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:k_konjaku:k_konjaku4-8 [2016/07/28 19:13]
Satoshi Nakagawa 作成
text:k_konjaku:k_konjaku4-8 [2016/07/28 19:13] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻4第8話 優婆崛多降天魔語 第八]
ライン 2: ライン 2:
 ====== 巻4第8話 優婆崛多降天魔語 第八 ====== ====== 巻4第8話 優婆崛多降天魔語 第八 ======
  
-今昔、天竺に優婆崛多と申す証果の羅漢在ます。人を利益し給ふ事、仏の如し。亦、法を説て、諸の人を教化し給ふ。世の人、来て法を聞くに、皆利益を蒙て、罪を滅す。然れば、世挙て指合(さしあ)へる事限無し。+今昔、天竺に優婆崛多と申す証果の羅漢在ます。人を利益し給ふ事、仏((釈迦))の如し。亦、法を説て、諸の人を教化し給ふ。世の人、来て法を聞くに、皆利益を蒙て、罪を滅す。然れば、世挙て指合(さしあ)へる事限無し。
  
 而る間、其の庭に一人の女出来たり。形貌端正にして、有様美麗なる事並無し。其の時に、此の法を聞くの人、皆此の女の美麗なるを見て、忽に愛欲の心を発して、法を聞く妨と成ぬ。 而る間、其の庭に一人の女出来たり。形貌端正にして、有様美麗なる事並無し。其の時に、此の法を聞くの人、皆此の女の美麗なるを見て、忽に愛欲の心を発して、法を聞く妨と成ぬ。


text/k_konjaku/k_konjaku4-8.txt · 最終更新: 2016/07/28 19:13 by Satoshi Nakagawa