Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻4第35話 仏御弟子値田打翁語 第卅五

今昔、天竺に、仏の御弟子、一人の比丘、道を行くに、荒田耕すとて、老たる翁一人、若き男一人と、二人荒り。

比丘、「田作る者にこそ有めれ」と思て過る程に、此の若き男、俄に顛(たふ)れて死ぬ。翁、打見遣て、何にも云で、猶鍬を打て立り。此の比丘、此れを見て思ふ様「翁は年老にたり。若き者の忽に死ぬるを見遣て、何にも云はで立るは、極めて心うかるべき者の心かな」と思て、翁に問て云く、「其の死ぬる男をば見るや。其の男は、汝が何ぞ」と。翁、答て云く、「此れは、己れが子に侍り」と。

比丘、弥よ、「希有の者の心かな」と思て、「太郎か、二郎か」と問ふに、翁の云く、「太郎にも二郎にも侍らず。只、此の男、一人持て侍つる也」と云ふに、比丘、弥よ希有の思増(まさり)て云く、「母は有や。何こにか有る」と問へば、翁の云く、「母は侍り。栖(すみか)は、彼の煙り立つ山本也」と云ふ。比丘の思ふ様、「此の翁は、いみじかるべき盗人かな。我れ、母にだに、速く行て告む」と思て、走り行く。

家に行き着て、這ひ入て見れば、白髪なる嫗(おうな)一人、苧を績(うみ)て居たり。比丘、嫗に告て云く、「彼(かし)こに、嫗の子と、父と共に田耕しつるが、只今俄に顛て死ぬるを、父、何にも思ひたらで、猶田耕し立つに、何なる事ぞ」と。嫗、此の事を聞て、「哭き悲むと為らむ」と思ふに、露驚ろく気色無くして、「然か侍なり」と云て、何にとも思ひたらで、猶苧を績み居たり。

其の時に、比丘、糸怪しく成て、嫗に問て云く、「父の翁の、目の前に一子の死ぬるを見て驚かぬ、極めて怪しく思て、母が許に怱(いそ)ぎ来て告るに、嫗、亦驚かず。若し、故の有るか、如何。若し、故有らば、慥に聞むと思ふ」と。嫗、答て云く、「此の事、尤も歎くべしと云へども、一と年せ、仏の法説き給ひし所に、嫗・翁、共に詣て聴しに、仏、説て宣はく、『諸法は空也。有と思ふは僻事也。只、万の事をば、空しと思ふべき也』と説き給ひしを承はりて後よりは、「万づの事、無き者ぞ」と思ひ取て侍れば、嫗も翁も、一子の死ぬるを見て、何とも思はずに侍る」と云ふを聞くに、比丘、極て恥しく成ぬ。

賤しき田夫すら、仏の御法を信じて、一子の死を悲しまず。而るに、我れ、此の事を覚らざる、邪見に拙き事を恥て去にけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku4-35.txt · 最終更新: 2016/08/23 13:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa