ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku3-1

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:k_konjaku:k_konjaku3-1 [2016/06/21 14:37]
Satoshi Nakagawa 作成
text:k_konjaku:k_konjaku3-1 [2016/06/21 14:38] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻3第1話 天竺毗舎離城浄名居士語 第(一)]
ライン 1: ライン 1:
 今昔物語集 今昔物語集
-====== 巻3第1話 天竺毗舎離城浄名居士語 第(======+====== 巻3第1話 天竺毗舎離城浄名居士語 第一 ======
  
 今昔、天竺の毗舎離城の中に浄名居士((維摩詰・維摩居士))と申す翁在ましけり。此の人の居給へる室は、広さ方丈也。而るに、其の室の内に、十方の諸仏来り集り給て、為に法を説き給へり。各、無量無数の菩薩、聖衆を引具し給て、彼の方丈の室に、各微妙に荘厳せる床を立てて、三万二千の仏、各其の床に坐し給て、法を説き給ふ。無量無数の聖衆、各皆随へり。 今昔、天竺の毗舎離城の中に浄名居士((維摩詰・維摩居士))と申す翁在ましけり。此の人の居給へる室は、広さ方丈也。而るに、其の室の内に、十方の諸仏来り集り給て、為に法を説き給へり。各、無量無数の菩薩、聖衆を引具し給て、彼の方丈の室に、各微妙に荘厳せる床を立てて、三万二千の仏、各其の床に坐し給て、法を説き給ふ。無量無数の聖衆、各皆随へり。
  
-亦、居士も御まして、法を聞き給ふ。而るに、室の内に猶所有り。此れ、浄名居士の不思議の神通の力也。然れば、仏((釈迦))の、室をば「十方の浄土に勝たる、甚深不思議の浄土也」と説き給ひけり。+亦、居士も御まして、法を聞き給ふ。而るに、室の内に猶所有り。此れ、浄名居士の不思議の神通の力也。然れば、仏((釈迦))の、室をば「十方の浄土に勝たる、甚深不思議の浄土也」と説き給ひけり。
  
 亦、此の居士は、常に病の筵に臥して病給ふ。其の時に、文殊、居士の室に来り給て、居士に申し給はく、「我れ聞けば、居士、常に病の筵に臥して、悩給ふと。然らば、其れ何なる病ぞ」と。居士、答て宣はく、「我が病は、此れ一切の諸の衆生の煩悩を病也。我れ、更に外の病無し」と。文殊、此の事を聞き給て、歓喜して還り給ひぬ。 亦、此の居士は、常に病の筵に臥して病給ふ。其の時に、文殊、居士の室に来り給て、居士に申し給はく、「我れ聞けば、居士、常に病の筵に臥して、悩給ふと。然らば、其れ何なる病ぞ」と。居士、答て宣はく、「我が病は、此れ一切の諸の衆生の煩悩を病也。我れ、更に外の病無し」と。文殊、此の事を聞き給て、歓喜して還り給ひぬ。


text/k_konjaku/k_konjaku3-1.txt · 最終更新: 2016/06/21 14:38 by Satoshi Nakagawa