ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku2-29

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:k_konjaku:k_konjaku2-29 [2016/06/07 21:32]
Satoshi Nakagawa 作成
text:k_konjaku:k_konjaku2-29 [2016/06/07 21:33] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻2第29話 舎衛国群賊殺迦留陀夷語 第(廿九)]
ライン 16: ライン 16:
 其の時に、仏((釈迦))の御弟子、諸の比丘、此れを見て、仏に白して言さく、「迦留陀夷、前世に何なる悪を作て、婆羅門の妻の為に殺されて、此の如くの大事を曳出たるぞ」と。 其の時に、仏((釈迦))の御弟子、諸の比丘、此れを見て、仏に白して言さく、「迦留陀夷、前世に何なる悪を作て、婆羅門の妻の為に殺されて、此の如くの大事を曳出たるぞ」と。
  
-仏、諸比丘に告て宣はく、「迦留陀夷、乃往過去無量劫に、大自在天を祀る主と有き。五百の眷属と共に、一の羊を捕て、四足を切て、天に祀りき。其の罪に依て、地獄に堕て、隙無く苦を受く。其の時に殺されし羊は、今の婆羅門の妻此也。天を祀りし人は、今の迦留陀夷此れ也。昔の五百の眷属は、今の五百の群賊此也。殺生の罪、世々に朽ちずして、互に殺し、其の報を感ずる事此の如し。適に人と生れて、今羅漢果を得たりと云へども、于今猶悪業の残れる所の罪を感ぜる也」と説き給ひけりとなむ、語り伝へたるとや。+仏、諸比丘に告て宣はく、「迦留陀夷、乃往過去無量劫に、大自在天を祀る主と有き。五百の眷属と共に、一の羊を捕て、四足を切て、天に祀りき。其の罪に依て、地獄に堕て、隙無く苦を受く。其の時に殺されし羊は、今の婆羅門の妻此也。天を祀りし人は、今の迦留陀夷此れ也。昔の五百の眷属は、今の五百の群賊此也。殺生の罪、世々に朽ちずして、互に殺し、其の報を感ずる事此の如し。適に人と生れて、今羅漢果を得たりと云へども、于今猶悪業の残れる所の罪を感ぜる也」と説き給ひけりとなむ、語り伝へたるとや。
  


text/k_konjaku/k_konjaku2-29.txt · 最終更新: 2016/06/07 21:33 by Satoshi Nakagawa