ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku17-47

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:k_konjaku:k_konjaku17-47 [2016/01/23 15:56]
Satoshi Nakagawa [巻17第47話 生江世経仕吉祥天女得富語 第四十七]
text:k_konjaku:k_konjaku17-47 [2019/12/04 15:59] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻17第47話 生江世経仕吉祥天女得富語 第四十七]
ライン 5: ライン 5:
 なお、鈴鹿本の標題は、「生江世経仕吉祥天女得富貴語」となっている。** なお、鈴鹿本の標題は、「生江世経仕吉祥天女得富貴語」となっている。**
  
-今昔、越前の国に生江の世経((『古本説話集』は[[text:​kohon:​kohon061|伊良縁野世恒]]、『宇治拾遺物語』は[[text:​yomeiuji:​uji192|伊良縁世恒]]となっている。))と云ふ者有けり。加賀の掾にてぞ有ける。初は家貧くして、物食ふ事、極て難かりけるに、殊に吉祥天女に懃に仕ける間に、後には富人と成て、財に飽き満てぞ有ける。+今昔、越前の国に生江の世経(([[:text:​kohon:​kohon061|『古本説話集』61]]は本文「伊曽へ野世恒」・目録「伊良縁野世恒」。[[text:​yomeiuji:​uji192|『宇治拾遺物語』192]]は伊良縁世恒となっている。))と云ふ者有けり。加賀の掾にてぞ有ける。初は家貧くして、物食ふ事、極て難かりけるに、殊に吉祥天女に懃に仕ける間に、後には富人と成て、財に飽き満てぞ有ける。
  
 初、貧かりける時、□□□□□□有けるに、「憑奉る所の吉祥天女助け給へ」と念じ□□□□□□□□告て云く、「門に極て端正なる女人の、家主に物□□□□経、「誰にか有らむ」と思て見れば、実に美麗なる女、□□□□飯一盛を持て、「『餓たり』と云つるに、此を食へ」とて、得しめたれば、世経、喜て此れを□□□持入て、先づ少し食たるに、飽き満たる心地にて、二三日を経と云へども、餓の心、更に無し。 初、貧かりける時、□□□□□□有けるに、「憑奉る所の吉祥天女助け給へ」と念じ□□□□□□□□告て云く、「門に極て端正なる女人の、家主に物□□□□経、「誰にか有らむ」と思て見れば、実に美麗なる女、□□□□飯一盛を持て、「『餓たり』と云つるに、此を食へ」とて、得しめたれば、世経、喜て此れを□□□持入て、先づ少し食たるに、飽き満たる心地にて、二三日を経と云へども、餓の心、更に無し。


text/k_konjaku/k_konjaku17-47.txt · 最終更新: 2019/12/04 15:59 by Satoshi Nakagawa