Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻15第44話 伊予国越智益躬往生語 第四十四

今昔、伊予の国越智の郡の大領、越智の益躬と云ふ者有けり。若より老に至たるまで公事を勤て怠る事無し。亦、道心深くして、仏法を信じ、因果を知る。昼は法花経一部を必ず誦し、夜は弥陀の念仏を唱ふ。此れ常の所作也けり。未だ頭を剃らずと云へども、十重禁戒を受て、法名を定めて定真と云ふ。

此の如く勤め行ひて年来を経るに、年老ぬ。遂に命終らむと為る時に臨て、身に病無く、心乱れずして、西に向て端坐して、手に定印を結び、口に念仏を唱へて失にけり。其の時に、空に微妙の音楽の音有り。近辺里村の人、皆此れを見けり。亦、艶(えもいは)ず馥ばしき香、家の内に匂ひ満たりけり。此れを見聞く人、皆涙を流して貴びけり。

但し、頭を剃らずして法名を付たり。同じくは出家すべしと云へども、俗乍らも現に往生疑ひ無ければ、貴き事也となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku15-44.txt · 最終更新: 2015/11/07 17:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa