Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻10第11話 荘子□□□許借粟語 第十一

今昔、震旦の周の代に、荘子と云ふ人有けり。心、賢くして、悟り広し。家、極て貧くして、貯ふる物無し。

而る間、今日食ふべき物絶ぬ。心に思ひ煩ふ間に、其の隣に□□□1)と云ふ人有り。其の人に、今日食ふべき黄の粟を請ふに、□□□云く、「今五日を経て、我が家に千両の金を得むとす。其の時に在ませ。其の金を進(まゐ)らむ。何でか、然か止事無く賢く在ます人に、今日食ふ許の粟をば進らむ。還て、我が為に恥辱たるべし」と。

荘子の云く、「我れ、一日、道を行きし間に、忽に後に呼ぶ音有り。見還て、見るに、呼ぶ人無し。『怪し』と思て、吉く見れば、車の輪の跡の窪みたる所に、大きなる鮒一有り。見れば、生きて動き迷ふ。『何ぞの鮒にか有らむ』と思て、寄て吉く見れば、水少許り有る所に、鮒生きて動く。我れ、其の鮒に問て云く、『何ぞの鮒の、此には有ぞ』と。鮒、答て云く、『我れは、此れ河伯神の使として、高麗に行く也。我れは、東の海の波の神也。而るに、不意(そぞろ)に飛び誤て、此の窪みに落て、かくて有也。水少くして、喉乾て、我れ既に死なむとす。『我れを助けよ』と思て、君を呼つる也』と。我れ、云く、『今三日を経て、□□□と云ふ所に遊ばむが為に、我れ行むとす。其の所に、汝を将行て、放たむ』と云へば、鮒の云く、『我れ、更に三日を待つべからず。只今日、一渧(ひとしづく)の水を得しめて、先づ喉を潤へよ』と云しかば、鮒の云ふに随て、一渧の水を与へてなむ助けてし。然れば、彼の鮒の云しが如く、我が今日の命、物食はずしては、更に生くべからず。後の千金、益有らじ」と云ひけり。

其の時より、「後の千金」と云ふ事は、此の如く云ふ也となむ、語り伝へたるとや。

1)
『荘子』に「監河候」。『宇治拾遺物語』に「かんあとう」。
text/k_konjaku/k_konjaku10-11.txt · 最終更新: 2017/03/19 23:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa