ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:k_konjaku:k_konjaku1-10

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:k_konjaku:k_konjaku1-10 [2016/04/08 17:12]
Satoshi Nakagawa 作成
text:k_konjaku:k_konjaku1-10 [2016/04/23 12:43] (現在)
Satoshi Nakagawa [巻1第10話 提婆達多奉諍仏語 第十]
ライン 2: ライン 2:
 ====== 巻1第10話 提婆達多奉諍仏語 第十 ====== ====== 巻1第10話 提婆達多奉諍仏語 第十 ======
  
-今昔、提婆達多と云ふ人有けり。此は((底本頭注「此ハ一本此人ハニ作ル」))父方の従父兄弟也。仏は浄飯王の御子、提婆達多は黒飯王の子也。+今昔、提婆達多と云ふ人有けり。此は((底本頭注「此ハ一本此人ハニ作ル」))父方の従父兄弟也。仏は浄飯王の御子、提婆達多は黒飯王((一般的には斛飯王と表記。))の子也。
  
 其(そこ)に、提婆達多、太子にて有ける時、雁を射たりけるに、其の雁、箭立ながら飛て、悉達太子((釈迦))の薗に落たり。太子、其の雁を見給て、慈悲の心深き故に、此れを哀て((底本頭注「哀テノ二字一本ナシ」))、抱き取て、箭を抜て、哀み給ふ程に、提婆達多、太子の所に来て、雁を乞ふに、与へ給はねば、大に嗔を成て、此れを始として、悉達太子と提婆達多と中悪く成ぬ。 其(そこ)に、提婆達多、太子にて有ける時、雁を射たりけるに、其の雁、箭立ながら飛て、悉達太子((釈迦))の薗に落たり。太子、其の雁を見給て、慈悲の心深き故に、此れを哀て((底本頭注「哀テノ二字一本ナシ」))、抱き取て、箭を抜て、哀み給ふ程に、提婆達多、太子の所に来て、雁を乞ふに、与へ給はねば、大に嗔を成て、此れを始として、悉達太子と提婆達多と中悪く成ぬ。


text/k_konjaku/k_konjaku1-10.txt · 最終更新: 2016/04/23 12:43 by Satoshi Nakagawa