Recent changes RSS feed

成尋阿闍梨母集

一巻(8) 備前よりとて文持て来たる・・・

校訂本文

「備前より」とて、文(ふみ)持て来たる。いとおぼつかなく思ゆるに、急ぎ見れば、「今日なむ、筑紫の船に乗りぬる」とあり。

日ごろ、風の音も荒らかにすれば、「いかが」とのみ、耳立てて聞かれつるに、「むげに遠ざかりておはしぬるにこそ」と、いとど上(うは)の空目(そらめ)せられて、めづらしけなき涙こぼれまさるにも、

  わが袖にかかる涙をとどめおきて船はのどかに漕ぎや行くらむ

とぞ、思ひやらるる。

  あひ見むと思ふ心は深けれどわれや泣く泣く待たずなりなむ

と思ふ思ふ、端(はし)の方み出だしたれば、桜、いみじく咲きたれば、岩倉の桜、思ひやられて、思えし限り言ひやられし。

  山桜思ひこそやれこのもとに散り散りになる春は憂けれど

返し、

  山桜散り散りになるあはれなり残れる枝の頼みなければ

岩倉より訪るる人もなきに、いとど残りはつかに、絶えぬる心地して、

  奥山にすみおきたりしかひもなくまつの煙の跡ぞ絶えたる

翻刻

ひ前よりとてふみもてきたるいとおほ
つかなくおほゆるにいそき見れはけふなむ
つくしのふねにのりぬるとあり日ころ
風のおともあららかにすれはいかかとの/s18r
みみみたててきかれつるにむけにとをさ
かりておはしぬるにこそといととうは
のそらめせられてめつらしけなき
なみたこほれまさるにも
  わかそてにかかるなみたをととめおきて
  ふねはのとかにこきやゆくらん
とそおもひやらるる
  あひみんとおもふこころはふかけれと
  我やなくなくまたすなりなん
とおもふおもふはしのかたみいたしたれは/s18l
桜いみしくさきたれはいはくらのさくら
おもひやられておほえしかきりいひや
られし
  山さくらおもひこそやれこのもとに
  ちりちりになるはるはうけれと
かへし
  山さくらちりちりになるあはれなり
  のこれるえたのたのみなけれは
いはくらよりおとつるる人もなきにいとと
のこりはつかにたえぬる心地して/s19r
  おくやまにすみおきたりしかひもなく
  まつのけふりのあとそたえたる/s19l
text/jojin/s_jojin1-08.txt · 最終更新: 2017/02/14 11:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa