ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:jikkinsho:s_jikkinsho10-75

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:jikkinsho:s_jikkinsho10-75 [2016/04/25 01:15]
Satoshi Nakagawa 作成
text:jikkinsho:s_jikkinsho10-75 [2018/07/30 16:03] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 4: ライン 4:
 ===== 校訂本文 ===== ===== 校訂本文 =====
  
-朝成卿((藤原朝成))、検非違使別当の時、中納言を所望のあひだ、石清水に詣でて、「われ、強盗百人が頸を切る者なり。その功労によりて、今度の闕に拝任すべき」よし、祈り申すべき旨(むね)を示されければ、神主いはく、「わが神、殺生を禁断し、放生をむねとしまします。いかでか、この由(よし)を申すべきや」と云々。+朝成卿((藤原朝成))、検非違使別当の時、中納言を所望のあひだ、石清水((石清水八幡宮))に詣でて、「われ、強盗百人が頸を切る者なり。その功労によりて、今度の闕に拝任すべき」よし、祈り申すべき旨(むね)を示されければ、神主いはく、「わが神、殺生を禁断し、放生をむねとしまします。いかでか、この由(よし)を申すべきや」と云々。
  
 朝成、かさねていはく、「殺生を御禁断の宗、御託宣の文、明白なり。ただし、件(くだん)の託宣の末に、『為国家臣、悪者出来之時、非此限』と侍り((「と侍り」は底本「之侍」。諸本により訂正))。なにごとと申し知るや。なほ申すべし」云々。神主、そのむねを申さしむるあひだ、はたして中納言に任じをはんぬ。 朝成、かさねていはく、「殺生を御禁断の宗、御託宣の文、明白なり。ただし、件(くだん)の託宣の末に、『為国家臣、悪者出来之時、非此限』と侍り((「と侍り」は底本「之侍」。諸本により訂正))。なにごとと申し知るや。なほ申すべし」云々。神主、そのむねを申さしむるあひだ、はたして中納言に任じをはんぬ。


text/jikkinsho/s_jikkinsho10-75.txt · 最終更新: 2018/07/30 16:03 by Satoshi Nakagawa