ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:jikkinsho:s_jikkinsho07-27

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:jikkinsho:s_jikkinsho07-27 [2016/02/13 19:08]
Satoshi Nakagawa 作成
text:jikkinsho:s_jikkinsho07-27 [2016/02/13 19:09] (現在)
Satoshi Nakagawa [翻刻]
ライン 51: ライン 51:
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====
  
-  卅一近頃唐徽宗申帝おはしけり、此国鳥羽院 +  卅一近頃唐徽宗申帝オハシケリ、此国鳥羽院 
-      ​御時なとにそありける、彼帝御心愚にして、道 +      ​御時ナトニソアリケル、彼帝御心愚ニシテ、道 
-      士云事仏記はれけり、其後国のかた +      士云事仏記ハレケリ、其後国ノカタ 
-      ​めややおとろへてあれゆくあき云者都 +      ​メヤヤオトロヘテアレユクアキ云者都 
-      ​をあきなふなるを、御門たからをくしてあ +      ​ヲアキナフナルヲ、御門タカラヲクシテア 
-      ​王宮古入をうりあはせあき +      ​王宮古入ヲウリアハセアキ 
-      ​ほえす御門つきたてまつりて、御事りける、 +      ​ホエス御門ツキタテマツリテ、御事リケル、 
-      利にふけりへる御心おのつからりえぬ +      利ニフケリヘル御心オノツカラリエヌ 
-      ​はなれて鶏丹云国あり、金多あるに大金 +      ​ハナレテ鶏丹云国アリ、金多アルニ大金 
-      名、日本にとりてはみちのなとを云様おほやけに/k159+      名、日本ニトリテハミチノナトヲ云様オホヤケニ/k159
  
-      金あり、其所あり、心たけりはかりこ +      金アリ、其所アリ、心タケリハカリコ 
-      ​あき人彼、御門御心愚にてにふけ +      ​アキ人彼、御門御心愚ニテニフケ 
-      ​給有様、其後彼王謀反ををこさむといふ +      ​給有様、其後彼王謀反ヲヲコサムトイフ 
-      心付にけり、大金へくたるほとは三十日はかりの道也、かか +      心付ニケリ、大金ヘクタルホトハ三十日ハカリノ道也、カカ 
-      ​れと大道にてりて遠也深山はけ +      ​レト大道ニテリテ遠也深山ハケ 
-      ​しきをへたててには、七八日斗とかや、道 +      ​シキヲヘタテテニハ、七八日斗トカヤ、道 
-      近けれと虎狼多くて人不通、其道千両松 +      近ケレト虎狼多クテ人不通、其道千両松 
-      原云所あり、昔大福長者其所、金千両埋 +      原云所アリ、昔大福長者其所、金千両埋 
-      ​、此故如此名付たり、大金ひそかに商人等 +      ​、此故如此名付タリ、大金ヒソカニ商人等 
-      語はかりことを、金せて御門奉 +      語ハカリコトヲ、金セテ御門奉 
-      ​らしむ、御門是はいかなるそと尋給へは、大金より/k160+      ​ラシム、御門是ハイカナルソト尋給ヘハ、大金ヨリ/k160
  
-      ​こなたに千両松原云所侍、昔長者 +      ​コナタニ千両松原云所侍、昔長者 
-      ​たりけりと云伝へたり、是にほるに自得 +      ​タリケリト云伝ヘタリ、是ニホルニ自得 
-      ​たりと申、御門感なをなを捜求るへしと +      ​タリト申、御門感ナヲナヲ捜求ルヘシト 
-      仰、随仰にかさねてまいらす、御門あきたまはす大 +      仰、随仰ニカサネテマイラス、御門アキタマハス大 
-      金、彼金しむ、此王もとよりある +      金、彼金シム、此王モトヨリアル 
-      ​ものなれは、多人引具ほらむかためにさかしき +      ​モノナレハ、多人引具ホラムカタメニサカシキ 
-      峯らけしけき切払ひて、大道くになし +      峯ラケシケキ切払ヒテ、大道クニナシ 
-      ​、其後はかりこちて大金王謀反したるよし +      ​、其後ハカリコチテ大金王謀反シタルヨシ 
-      披露をなす、御門いかりて、各吉道 +      披露ヲナス、御門イカリテ、各吉道 
-      不知、大道より行向、道廿日はかり都 +      不知、大道ヨリ行向、道廿日ハカリ都 
-      ​兵少をはからひて、大金王兵相具今/k161+      ​兵少ヲハカラヒテ、大金王兵相具今/k161
  
-      作れるよりちかひて王城、御門をとり奉 +      作レルヨリチカヒテ王城、御門ヲトリ奉 
-      ​、大金、其後諸国皆大金調物 +      ​、大金、其後諸国皆大金調物 
-      ​ささけて済物彼御門失給後、御子 +      ​ササケテ済物彼御門失給後、御子 
-      成、大金とたたかふ、本よりたけきなる、 +      成、大金トタタカフ、本ヨリタケキナル、 
-      此時勢ほひまさりてえうちしたかへす三百六十 +      此時勢ホヒマサリテエウチシタカヘス三百六十 
-      国、百七十はかりは大金打取、残百九十御門 +      国、百七十ハカリハ大金打取、残百九十御門 
-      知、五臺山長安城なと云名所、彼大金打 +      知、五臺山長安城ナト云名所、彼大金打 
-      取れたり、是によて今此代御門におはしまさて、 +      取レタリ、是ニヨテ今此代御門ニオハシマサテ、 
-      府明州より三日はかりいたる山中居 +      府明州ヨリ三日ハカリイタル山中居 
-      給へは、御門はゐなかにすみはなけれとも、府 +      給ヘハ、御門ハヰナカニスミハナケレトモ、府 
-      居給事力なき故也、日本府二所にあり筑紫/k162+      居給事力ナキ故也、日本府二所ニアリ筑紫/k162
  
-      陸奥国とに鎮守府大宰府とてありもろこしに +      陸奥国トニ鎮守府大宰府トテアリモロコシニ 
-      ​かやうの府国々にあり、今栖給所其一也蜀江 +      ​カヤウノ府国々ニアリ、今栖給所其一也蜀江 
-      ​とてあらふと詩哥作あり、日本すのまたな +      ​トテアラフト詩哥作アリ、日本スノマタナ 
-      ​とのやうに、広くいかめしくもかよはぬにて、其江 +      ​トノヤウニ、広クイカメシクモカヨハヌニテ、其江 
-      境大金にはするとかやかかるなれは学問なとす +      境大金ニハスルトカヤカカルナレハ学問ナトス 
-      ​にて、弓箭はるものを御門召 +      ​ニテ、弓箭ハルモノヲ御門召 
-      ​つかひ官位もゆるさるなれは、大臣公卿胡服、我 +      ​ツカヒ官位モユルサルナレハ、大臣公卿胡服、我 
-      国直垂のやうなるをきて、山中なれはにう +      国直垂ノヤウナルヲキテ、山中ナレハニウ 
-      ​うるはしきにもあらす、王宮有様昔 +      ​ウルハシキニモアラス、王宮有様昔 
-      礼儀にもかはかりてあさましくなれりとしかのみなら +      礼儀ニモカハカリテアサマシクナレリトシカノミナラ 
-      ​上古にも趙高二世をうははんと思立/k163+      ​上古ニモ趙高二世ヲウハハント思立/k163
  
-      ​けるに、鹿をさしてとて、身感応知 +      ​ケルニ、鹿ヲサシテトテ、身感応知 
-      ​にけり勾践呉王のいましめをゆりて会稽恥 +      ​ニケリ勾践呉王ノイマシメヲユリテ会稽恥 
-      ​かために、偽りてよくへるよしをえんとて、 +      ​カタメニ、偽リテヨクヘルヨシヲエントテ、 
-      其ゆはりをのめりけり、様こそかはれとも、人をはかりみる +      其ユハリヲノメリケリ、様コソカハレトモ、人ヲハカリミル 
-      思はかり也、両帝愚にして、彼心のうちを +      思ハカリ也、両帝愚ニシテ、彼心ノウチヲ 
-      ​、終にほろひにけりおほよそをはかりたふろか +      ​、終ニホロヒニケリオホヨソヲハカリタフロカ 
-      ​、漢家日域其ためしすくなからすかるかゆへに +      ​、漢家日域其タメシスクナカラスカルカユヘニ 
-      楽府には、君をしてはちをとらしむとも、君とる +      楽府ニハ、君ヲシテハチヲトラシムトモ、君トル 
-      ​かれともいさめ、或はたたはかるへからさるは人間のえめ +      ​カレトモイサメ、或ハタタハカルヘカラサルハ人間ノエメ 
-      ​るはいかれるならんと云事をともよくよくつつしむ +      ​ルハイカレルナラント云事ヲトモヨクヨクツツシム 
-      ​へし、此等はさてをきつのつねにあるのいみしく手/k164+      ​ヘシ、此等ハサテヲキツノツネニアルノイミシク手/k164
  
-      ​つつにつきなくみゆるは、不覚思慮なきものを、人 +      ​ツツニツキナクミユルハ、不覚思慮ナキモノヲ、人 
-      ​まへに取出ことかくともすましきそかし +      ​マヘニ取出コトカクトモスマシキソカシ 
-      ​しあたりて、人なきときはよくよくへいましめて +      ​シアタリテ、人ナキトキハヨクヨクヘイマシメテ 
-      ​様云知せてとりせるに、其上なをあやまちをも +      ​様云知セテトリセルニ、其上ナヲアヤマチヲモ 
-      僻事をもしつるはつるとてかひなけれは、 +      僻事ヲモシツルハツルトテカヒナケレハ、 
-      ​さてこそあれ、其にてはをかて、人前にて +      ​サテコソアレ、其ニテハヲカテ、人前ニテ 
-      声てさいなみ腹立こそ、人目見苦くすへて其 +      声テサイナミ腹立コソ、人目見苦クスヘテ其 
-      日もさむるここすれ、其従者もあひそへてつきつき +      日モサムルココスレ、其従者モアヒソヘテツキツキ 
-      ​しくのへししめあつかひおる事、主にをとらすにくけれ客 +      ​シクノヘシシメアツカヒオル事、主ニヲトラスニクケレ客 
-      人にはをたにもいさかふましとこそ、文にもえた +      人ニハヲタニモイサカフマシトコソ、文ニモエタ 
-      ​ましてをかんたうしをさまさむあるへきに/k165+      ​マシテヲカンタウシヲサマサムアルヘキニ/k165
  
-      ​あらすかやうのにはよそにてもあふる事多 +      ​アラスカヤウノニハヨソニテモアフル事多 
-      ​かり、人々寄合てさるへきひなとせむにはたとひ +      ​カリ、人々寄合テサルヘキヒナトセムニハタトヒ 
-      取からす口惜にあひたりとも、構其日 +      取カラス口惜ニアヒタリトモ、構其日 
-      ​さはりあらせしとはからふへき也、其人しかしか +      ​サハリアラセシトハカラフヘキ也、其人シカシカ 
-      ​折事さめにきとるる、口惜事也、しかれは行 +      ​折事サメニキトルル、口惜事也、シカレハ行 
-      ​ぬさきよりはからひあしかるへきへは指出たには +      ​ヌサキヨリハカラヒアシカルヘキヘハ指出タニハ 
-      ​しかし、若悪くはからひてましりなんおほろ +      ​シカシ、若悪クハカラヒテマシリナンオホロ 
-      ​けならぬへきのきすなるへしくは事 +      ​ケナラヌヘキノキスナルヘシクハ事 
-      ​なきさまになしたはふれにもてなしてをとなしかる +      ​ナキサマニナシタハフレニモテナシテヲトナシカル 
-      ​へき也、況かつかはんあやしからんために今 +      ​ヘキ也、況カツカハンアヤシカランタメニ今 
-      ​せせかみさいなむ事、いとと見苦しかるへし/k166+      ​セセカミサイナム事、イトト見苦シカルヘシ/k166
  
-      ​やうの、福原大相国禅門のわかかみいみしかり +      ​ヤウノ、福原大相国禅門ノワカカミイミシカリ 
-      ​ける人也、おくあしくにかにかしきなれとも、其主のたは +      ​ケル人也、オクアシクニカニカシキナレトモ、其主ノタハ 
-      ​ふれとひてしつるをは、彼かとふらひにおかしからぬ +      ​フレトヒテシツルヲハ、彼カトフラヒニオカシカラヌ 
-      ​ゑをもわらひいかなるあやまりをし、物ちらし +      ​ヱヲモワラヒイカナルアヤマリヲシ、物チラシ 
-      ​さましきわさをしたれとも、云かひなしとてあらき +      ​サマシキワサヲシタレトモ、云カヒナシトテアラキ 
-      ​、冬寒、小侍とものすそのにふせ +      ​、冬寒、小侍トモノスソノニフセ 
-      ​つとめては彼等かさゐしたれはやをらぬき、思 +      ​ツトメテハ彼等カサヰシタレハヤヲラヌキ、思 
-      ​はかりねさせけり、召仕にもはぬなれともそれ +      ​ハカリネサセケリ、召仕ニモハヌナレトモソレ 
-      ​さまのものの見所にては、人数なるよしをもてな +      ​サマノモノノ見所ニテハ、人数ナルヨシヲモテナ 
-      ​けれはいみしき面目にてにしみてうれしと +      ​ケレハイミシキ面目ニテニシミテウレシト 
-      思けりかやうのにてとある類思付けり、人/k167+      思ケリカヤウノニテトアル類思付ケリ、人/k167
  
-      心しむとは是也、又賢人のもとにも不覚なるもの/k168+      心シムトハ是也、又賢人ノモトニモ不覚ナルモノ/k168
  


text/jikkinsho/s_jikkinsho07-27.txt · 最終更新: 2016/02/13 19:09 by Satoshi Nakagawa