ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:jikkinsho:s_jikkinsho06-27

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:jikkinsho:s_jikkinsho06-27 [2016/01/16 17:23]
Satoshi Nakagawa 作成
text:jikkinsho:s_jikkinsho06-27 [2016/01/16 17:24] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 14: ライン 14:
 遺龍、父の遺命に随(したが)ひて、深く仏法を背くといへども、国王の勅宣によりて、心ならず『法華経』八軸の外題六十四字を書くあひだに、その字、六十四体の仏となりて、烏龍が落つところの地獄に行きて、苦患を救ひ給ふにより、父、得道の由、遺龍、夢の告げを見たりけり。 遺龍、父の遺命に随(したが)ひて、深く仏法を背くといへども、国王の勅宣によりて、心ならず『法華経』八軸の外題六十四字を書くあひだに、その字、六十四体の仏となりて、烏龍が落つところの地獄に行きて、苦患を救ひ給ふにより、父、得道の由、遺龍、夢の告げを見たりけり。
  
-これを思ふには、不信不浄の心なりとも、一字の縁を給びてむには、後世のたのみ、疑ひあるまじきにやと思え、やうによるきにや。ひとすぢに思ひ定めがたし。+これを思ふには、不信不浄の心なりとも、一字の縁を給びてむには、後世のたのみ、疑ひあるまじきにやと思え、やうによるきにや。ひとすぢに思ひ定めがたし。
  
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====


text/jikkinsho/s_jikkinsho06-27.txt · 最終更新: 2016/01/16 17:24 by Satoshi Nakagawa