ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:jikkinsho:s_jikkinsho06-18

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
text:jikkinsho:s_jikkinsho06-18 [2016/01/09 22:27]
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
text:jikkinsho:s_jikkinsho06-18 [2020/04/16 23:48] (現在)
Satoshi Nakagawa [校訂本文]
ライン 10: ライン 10:
 わが朝のこと、常に人の口にあるほか、一両条申すべし。 わが朝のこと、常に人の口にあるほか、一両条申すべし。
  
-昔、元正天皇の御時、美濃国に貧しく賤しき男ありけるが、老いたる父を持ちたり。この男、山の木草を取りて、その値を得て、父を養ひけり。 +昔、元正天皇の御時、美濃国に貧しく賤しき男ありけるが、老いたる父を持ちたり。この男、山の木草を取りて、その値を得て、父を養ひけり。この父、朝夕あながちに酒を愛し欲しがる。これによりて、男、なりひさごといふ物を腰に付けて、酒を沽(う)る家に行きて、常にこれを乞ひて、父を養ふ。
- +
-この父、朝夕あながちに酒を愛し欲しがる。これによりて、男、なりひさごといふ物を腰に付けて、酒を沽(う)る家に行きて、常にこれを乞ひて、父を養ふ。+
  
 ある時、山に入りて、薪を取らんとするに、苔深き石にすべりて、うつぶしにまろびたりけるに、酒の香しければ、思はずにあやしくて、そのあたりを見るに、石の中より水流れ出づることあり。その色、酒に似たり。汲みて舐むるに、めでたき酒なり。うれしく思えて、そののち、日々にこれを汲みて、あくまで父を養ふ。 ある時、山に入りて、薪を取らんとするに、苔深き石にすべりて、うつぶしにまろびたりけるに、酒の香しければ、思はずにあやしくて、そのあたりを見るに、石の中より水流れ出づることあり。その色、酒に似たり。汲みて舐むるに、めでたき酒なり。うれしく思えて、そののち、日々にこれを汲みて、あくまで父を養ふ。


text/jikkinsho/s_jikkinsho06-18.txt · 最終更新: 2020/04/16 23:48 by Satoshi Nakagawa