ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:jikkinsho:s_jikkinsho05-12

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:jikkinsho:s_jikkinsho05-12 [2015/12/04 19:09] (現在)
Satoshi Nakagawa 作成
ライン 1: ライン 1:
 +十訓抄 第五 朋友を撰ぶべき事
 +====== 5の12 また数寄者なればとて一筋に愛で近付くべきにあらず・・・ ======
 +
 +===== 校訂本文 =====
 +
 +また、数寄者(すきもの)なればとて、一筋に愛で近付くべきにあらず。
 +
 +これも『大和物語』((103段))に、武蔵守なる人の娘、洞院の后の女房にて候ひけるが、髪・形けうらなる若人(わかうど)にて、人あまたけ懸想しけれども、夫などもせで、思ひあがりたりけるを、平中((平貞文))、あながちにいひければ、あひにけるほどに、思はずにつらかりければ、歎きけるを、「『いとあだにものし給ふ』と聞きし人にしも、ありありて、かくなむ」と、わが思ふことを、使ひ人の言ふを聞きて、いと心憂かりけるままに、尼になりて、その髪の切れを少し包みて((底本「つつして」。諸本により訂正。))、男のもとへ遣るとて、この歌を加へたりける、
 +
 +  あまの川空なるものと聞きしかどわが目の前の涙なりけり
 +
 +かかれば、女はよく進み、退き、身のほどを案ずべし。すべて父母のはからひに随(したが)ふべきなり。われとし出だしつることは、いかにも悔しきかた多かりとなん。
 +
 +===== 翻刻 =====
 +
 +  又スキモノナレハトテ、一筋ニメテチカツクヘキニア
 +  ラス、是モ大和物語ニ武蔵守ナル人ノ娘洞院
 +  后ノ女房ニテ候ケルカ、カミカタチケウラナルワカ/k17
 +
 +  人ニテ人アマタケサウシケレトモ、夫ナトモセテ
 +  思アカリタリケルヲ、平中アナカチニ云ケレハ、相
 +  ニケルホトニ、思ハスニツラカリケレハ、ナケキケル
 +  ヲ、イトアタニモノシ給トキキシ人ニシモ有々テ
 +  カクナムトワカオモフ事ヲ、ツカヒ人ノ云ヲ聞テ
 +  イト心ウカリケルママニ、尼ニナリテ、ソノカミノ
 +  切レヲ少シツツシテ男ノモトヘヤルトテ、此哥ヲ
 +  加ヘタリケル、
 +    アマノカハソラナルモノトキキシカト、ワカメノマヘ
 +    ノナミタナリケリ、
 +  カカレハ女ハヨクススミシリソキ身ノホトヲ案ス/k18
 +
 +  ヘシ、スヘテ父母ノ斗ニ随ヘキ也ワレトシ出シツル
 +  事ハ争ニモクヤシキカタオホカリトナン/k19
  


text/jikkinsho/s_jikkinsho05-12.txt · 最終更新: 2015/12/04 19:09 by Satoshi Nakagawa