ユーザ用ツール

サイト用ツール


text:jikkinsho:s_jikkinsho01-18

差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

text:jikkinsho:s_jikkinsho01-18 [2015/09/04 23:57]
Satoshi Nakagawa 作成
text:jikkinsho:s_jikkinsho01-18 [2015/09/05 01:18] (現在)
Satoshi Nakagawa
ライン 8: ライン 8:
 ある夜、物語して、暁帰りけるほどに、この人の共なりける蔵人といふものに、「いまだ入りもやらで、見送りたるが、ふり捨てがたきに、立ち帰りて、何ごとにても言ひて来(こ)」とのたまひければ、「ゆゆしき大事かな」と思へど、ほど経(ふ)べきことならねば、やがて走り入りて、車寄(くるまよせ)に女の立ちたる前についゐて、「『申せ』と候ふ」とは左右(さう)なく言ひ出でたれど、何とも言ふべしとも思えぬに、折しも、里の鶏、声々鳴き出でたりければ、 ある夜、物語して、暁帰りけるほどに、この人の共なりける蔵人といふものに、「いまだ入りもやらで、見送りたるが、ふり捨てがたきに、立ち帰りて、何ごとにても言ひて来(こ)」とのたまひければ、「ゆゆしき大事かな」と思へど、ほど経(ふ)べきことならねば、やがて走り入りて、車寄(くるまよせ)に女の立ちたる前についゐて、「『申せ』と候ふ」とは左右(さう)なく言ひ出でたれど、何とも言ふべしとも思えぬに、折しも、里の鶏、声々鳴き出でたりければ、
  
-  ​物かはと君が言ひけむ鳥の音(ね)の今朝しもなどか悲しかるらん+  物かはと君が言ひけむ鳥の音(ね)の今朝しもなどか悲しかるらん
  
 とばかり言ひかけて、やがて走り着きて、「車寄にて、かくこそ申して候ひつれ」と申しければ、いみじくめでられけり。 とばかり言ひかけて、やがて走り着きて、「車寄にて、かくこそ申して候ひつれ」と申しければ、いみじくめでられけり。
ライン 20: ライン 20:
 ===== 翻刻 ===== ===== 翻刻 =====
  
-  後徳大寺左大臣小侍従えしよみに +  後徳大寺左大臣小侍従エシヨミニ 
-  ​、或夜物語してかへりける、此人のともなり +  ​、或夜物語シテカヘリケル、此人ノトモナリ 
-  ​ける蔵人ふものにいまたもやらて見送りたる +  ​ケル蔵人フモノニイマタモヤラテ見送リタル 
-  ​かふりかたきに、立帰何事にてもいひてこ +  ​カフリカタキニ、立帰何事ニテモイヒテコ 
-  ​とのけれはゆゆしき大事かなとへと、程ふへき +  ​トノケレハユユシキ大事カナトヘト、程フヘキ 
-  事ならねはやかて、車寄たる +  事ナラネハヤカテ、車寄タル 
-  前についゐて、申せととは左右なく云出てたれと、/k41+  前ニツイヰテ、申セトトハ左右ナク云出テタレト、/k41
  
-  何ともへしともえぬに、折しも鶏声々鳴 +  何トモヘシトモエヌニ、折シモ鶏声々鳴 
-  出てたりけれは、 +  出テタリケレハ、 
-    物かはとかいひけむ、今朝しもなとかしかるらん +    物カハトカイヒケム、今朝シモナトカシカルラン 
-  ​とはかり云懸やかて、車寄にてかくこそ +  ​トハカリ云懸ヤカテ、車寄ニテカクコソ 
-  申つれとけれはいみしくめてられけりさてこそ +  申ツレトケレハイミシクメテラレケリサテコソ 
-  使にははからひつれとて、後にしるなとたひたりけるとな +  使ニハハカラヒツレトテ、後ニシルナトタヒタリケルトナ 
-  ​、上東門院 +  ​、上東門院 
-  伊勢大輔する今日九重にと +  伊勢大輔スル今日九重ニト 
-  得、ひとさりこはえもいはぬかなの +  得、ヒトサリコハエモイハヌカナノ 
-  末をつけたりける、心のはやさにもおとらすこそ聞/k42+  末ヲツケタリケル、心ノハヤサニモオトラスコソ聞/k42
  
-  ​彼蔵人内裏六位なとへてやさしき蔵人 +  ​彼蔵人内裏六位ナトヘテヤサシキ蔵人 
-  ​けり、/k43+  ​ケリ、/k43
  


text/jikkinsho/s_jikkinsho01-18.txt · 最終更新: 2015/09/05 01:18 by Satoshi Nakagawa