Recent changes RSS feed

今物語

第47話 松島の上人といふ人ありけり・・・

校訂本文

松島の上人といふ人ありけり。修行者の「会はむ」とて、行きたりけるに、幽玄なる僧の出で会ひたりければ、いと思はずに思えて、帰り入りたりける跡に、またありける僧に、「あれは誰にておはしますにか」と尋ねければ、「あれこそ聖(ひじり)の御房よ」と言ひけるに、「『貴げになむどやおはしますらむ』とこそ、思ひつれ」と言ふを、聖、物越しに聞きて詠める歌、

  紫の雲まつ島に住めばこそ空聖(そらひじり)とも人の言ふらめ

と詠めりけり。

この聖のもとへ、肥後の右衛門入道といひける物行きて、「かくておはしますほど、何事か候ふ」と尋ねければ、「させることも侍らず。法華経なと覚え奉りて、寝たる折り折り、この島の松の葉ごとに、金色の光の見えて、輝くことなどぞ侍る」と言はれける、いとめでたかりけり。

翻刻

松島の上人といふ人ありけり修行者のあはむとて行
たりけるに幽玄なる僧のいてあひたりけれはいとおもはす
におほえて帰いりたりける跡に又ありける僧にあれはたれ
にておはしますにかとたつねけれはあれこそひしりの御房
よといひけるにたうとけになむとやおはしますらむとこそ/s28r
おもひつれといふをひしり物こしにききてよめる哥
  紫の雲まつ島にすめはこそ空ひしりとも人のいふらめ
とよめりけりこのひしりのもとへ肥後の右衛門入道といひ
けるもの行てかくておはします程何事か候と尋けれは
させる事も侍らす法花経なとおほえたてまつりてねたる
おりおりこの島の松のはことに金色の光のみえてかか
やく事なとそ侍るといはれけるいとめてたかりけり/s28l
text/ima/s_ima047.txt · 最終更新: 2015/01/04 03:11 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa