Recent changes RSS feed

今物語

第42話 西行法師が陸奥国の方に修行しけるに千載集撰ばるると聞きて・・・

校訂本文

西行法師が、陸奥国(みちのくに)の方に修行しけるに、千載集撰ばるると聞きて、ゆかしさに、わざと上りけるに、知れる人、行き会ひにけり。この集のことども、尋ね聞きて、「我が詠みたる、

  鴫たつ沢の秋の夕暮

といふ歌や入りたる」と尋ねけるに、「さもなし」と言ひければ、「さては上りて、何にかはせむ」とて、やがて帰りにけり。

翻刻

西行法師がみちのくにのかたに修行しけるに千載集
えらはるるとききてゆかしさにわさとのほりけるにしれる/s26r
人行あひにけりこの集の事とも尋ききて我よみたる
  鴫たつ沢の秋の夕くれ
といふ哥やいりたるとたつねけるにさもなしといひけれは
さてはのほりてなににかはせむとてやかてかへりにけり/s26l
text/ima/s_ima042.txt · 最終更新: 2014/12/28 18:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa