Recent changes RSS feed

今物語

第41話 後拾遺を撰ばれるとき秦兼方といひける随身・・・

校訂本文

後拾遺を撰ばれるとき、秦兼方といひける随身

  去年(こぞ)見しに色も変はらず咲きにけり花こそ物は思はざりけれ

といふ歌を詠みて、撰ぶ人のもとに行て、「この歌入らむ」と望みけるに、「花こそといへるが、犬の名に似たる」と難じけるを聞きて、立ちざまに、「この殿は1)、勅撰など承はるべき人にては、おはせざりけるものを。『花こそ宿のあるじなりけれ』といふ歌もあるは」と言ひかけて、いとはしたなかりけり。

翻刻

後拾遺をえらはれる時秦兼方といひける随身
  こそ見しに色もかはらす咲にけり花こそ物はおもはさりけれ
といふ哥をよみてえらふ人のもとに行て此哥いらむと
望けるに花こそといへるかいぬの名に似たると難じける
をききてたちさまにこのことのは勅撰なとうけたまはる
へき人にてはおはせさりける物をはなこそやとのあるし也
けれといふ哥もあるはといひかけていとはしたなかりけり/s26r
1)
「とのは」は底本「ことのは」。諸本により訂正
text/ima/s_ima041.txt · 最終更新: 2014/12/28 18:37 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa