Recent changes RSS feed

今物語

第40話 近頃和歌の道ことにもてなされしかば内裏仙洞摂政家・・・

校訂本文

近頃、和歌の道、ことにもてなされしかば、内裏・仙洞・摂政家、いづれもとりどりに底を極めさせ給へり。

臣下あまた聞こえし中に、治部卿定家1)・宮内卿家隆2)とて、家の風絶ゆることなく、その道に名を得たりし人々なりしかば、この二人にはいづれも及ばざりけるに、ある時、摂政殿、宮内卿を召して、「当時、正しき歌詠み多く聞こゆる中に、いづれか優れ侍る。心に思はむやう、ありのままに」と御尋ねありければ、「いづれとも分きがたく候ふ」とばかり申して、思ふやうありげなるを、「いかに、いかに」と、あながちに問はせ給ひければ、懐(ふところ)より畳紙(たたうがみ)を落して、やがて出でにけり。

御覧ぜられければ、

  明けばまた秋のなかばも過ぎぬべしかたぶく月の惜しきのみかは

と書きたり。この歌は治部卿の歌なり。かかる御尋ねあるべしとは、いかでか知るべき。ただ、もとよりおもしろく思えて、書き付けて持たれけるなめり。

その後、また治部卿を召して、先のやうに尋ねらるるに、これも申しやりたる方なくて、

  かささぎの渡すやいづこ夕霧の雲居に白き峰の梯(かけはし)

と、高やかに詠みて出でぬ。これは宮内卿の歌なりけり。まめやかの上手の心は、されば、一つなりけるにや。

翻刻

ちかころ和哥のみちことにもてなされしかは内裏仙洞摂
政家いつれもとりとりにそこをきはめさせたまへり臣下/s25r
あまたきこえしなかに治部卿定家宮内卿家隆とて
家の風たゆる事なくそのみちに名をえたりし人々
なりしかはこの二人にはいつれもをよはさりけるにある
時摂政殿宮内卿をめして当時たたしき哥よみおほく
きこゆるなかにいつれかすくれ侍る心におもはむやうありの
ままにと御たつね有けれはいつれともわきかたく候とはかり
申ておもふやうありけなるをいかにいかにとあなかちにとは
せたまひけれはふところよりたたうかみをおとして
やかて出にけり御覧せられけれは
  明は又秋のなかはも過ぬへしかたふく月のおしきのみかは
とかきたりこの哥は治部卿の哥なりかかる御たつね有べし
とはいかてかしるへきたたもとよりおもしろくおほえて書付
てもたれけるなめりそののち又治部卿をめしてさきの/s25l
やうにたつねらるるにこれも申やりたるかたなくて
  かささきのわたすやいつこ夕霧の雲井にしろきみねの梯
とたかやかに詠ていてぬこれは宮内卿の哥なりけりま
めやかの上手の心はされはひとつなりけるにや/s26r
1)
藤原定家
2)
藤原家隆
text/ima/s_ima040.txt · 最終更新: 2014/12/28 16:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa