Recent changes RSS feed

今物語

第33話 讃岐三位俊盛と聞こえし人春日の月詣でをしけるに・・・

校訂本文

讃岐三位俊盛1)と聞こえし人2)、春日の月詣でをしけるに、定まりたる事にて、夜とまりに参りて、暁下向しけるに、夜深かりけるたび雨降りて、いと所せかりけるに、「後生の事を、かくほどに信をいたして、仏にもつかふまつらば、いかばかりめでたかりなむ。現世の事のみ思ひて、この宮にのみつかうまつること」と思ひて、春日山を通りけるに、高き梢(こずゑ)より、「菩提の道も我山の道」と言ふ御声の聞こえけるに、限りなく信起りて、尊く思えける。

翻刻

讃岐三位俊盛ときこえし春日の月まうてをしけるに
さたまりたる事にて夜とまりにまいりてあかつき下向/s21l
しけるに夜ふかかりけるたひ雨ふりていと所せかりけるに
後生の事をかくほとに信をいたして仏にもつかふまつらは
いかはかりめてたかりなむ現世の事のみおもひて此宮
にのみつかうまつることと思て春日山をとをりけるにたか
きこすゑより菩提のみちも我山のみちといふ御声
のきこえけるにかきりなく信をこりてたうとくおほえける/s22r
1)
藤原俊盛
2)
底本「人」なし。諸本により補う。
text/ima/s_ima033.txt · 最終更新: 2014/12/26 04:34 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa