Recent changes RSS feed

今物語

第28話 ある女房の賀茂の糺に七日籠りてまかり出づるとて・・・

校訂本文

ある女房の、賀茂の糺(ただす)に七日籠りて、まかり出づるとて、物に書き付けける、

  鳥の子のただすの中に籠り居てかへらむ時はとばざらめやは

と詠めりければ、「あはれ」とや思し召しけむ、やがて、めでたき人に思はれて、幸ひ人と言はれけり。

翻刻

ある女房の賀茂のたたすに七日こもりてまかりいつる
とて物にかきつけける
  鳥の子のたたすのなかにこもりゐてかへらむ時はとはさらめやは
とよめりけれはあはれとやおほしめしけむやかてめてたき
人におもはれてさいわい人といはれけり/s20r
text/ima/s_ima028.txt · 最終更新: 2014/12/25 11:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa