Recent changes RSS feed

今物語

第25話 ある人事ありて遠き国へ流されけるに・・・

校訂本文

ある人、事ありて、遠き国へ流されけるに、年ごろ心ざし深かかりける女の、孕(はら)みたるを、見捨てて行きければ、いかばかりの別れにかありけむ。

その後、この女訪ね行かむとしけれど、父母(ちちはは)ありけるゆゑにて、許さざりければ、ただ一人、出でて行きけるに、やうやうその国までかかぐり着きにけり。

腹なる子の生まれんとしければ、かたやぶに生み落して、着たりける物にひき包みて、捨て置きて、「血付きたる物なと洗はむ」とて、人の家のありける方へ、やうやうよろぼひ行きけるに、この家にはしを集むる音して、「流され人の死にたるを葬(はふ)らんずる」なと言ふ。

事にあやしく、胸つぶれて、詳しく尋ねければ、「京なる人を恋ひ悲しみて、今朝失せ給ひたる」など言ふに、ただこの人なりけり。言葉も立たず、わななかれけれど、からくして、この死人(しびと)のもとに行きて見れば、我が男なりけり。悲しきこと限りなくて、枕上(まくらがみ)に居て、「かく参りたるなり。今一度(ひとたび)、目見合はせ給へ」と、泣きもまれて、この男、行き出でて、目を見合はせて、「この世にては、今はいかにもかなふまじきぞ」とばかり言ひて、やがてまた死ににけり。

さてのみあるべきならねば、葬りけるに、その火に、この女、飛び入りて焼け死ににけり。

「腹の内の子を生み落しけるは、罪の浅かりけるにや」とぞ、言ひ合へりける。一人具したりける1)女の童も、ともに火に入らむとしけれども、取り止めて、この人の有様を詳しく尋ね、生み落しつる子などをも取りて、村の者の養ひけるとぞ。

この事は近きほどのことなり。

翻刻

ある人事ありてとをき国へなかされけるにとしころ心
さしふかかりける女のはらみたるを見すてて行けれは
いかはかりの別にかありけむそののちこの女たつね
ゆかむとしけれとちちははありけるゆへにてゆるささり
けれはたたひとりいてて行けるにやうやうその国
まてかかくりつきにけりはらなるこのむまれんとし
けれはかたやふにうみおとしてきたりける物にひき
つつみてすてをきてちつきたる物なとあらはむとて
人の家のありけるかたへやうやうよろほひゆきけるに
この家にはしをあつむるをとしてなかされ人の/s18r
しにたるをはふらんするなといふ事にあやしくむね
つふれてくはしくたつねけれは京なる人を恋か
なしみてけさうせたまひたるなと云にたたこの人也
けりことはもたたすわななかれけれとからくしてこの
しひとのもとにゆきてみれはわかおとこなりけりかな
しき事かきりなくて枕かみにゐてかくまいりたる
なりいま一たひめ見あはせたまへとなきもまれて
このおとこいきいててめを見あはせてこの世にてはい
まはいかにもかなふましきそとはかりいひてやかて又しにに
けりさてのみあるへきならねははふりけるにその火に
この女とひいりてやけしににけりはらのうちの子をうみ
おとしけるはつみのあさかりけるにやとそいひあへりけ
るひとりくしたりけりめのわらはもともに火にいらむとし/s18l
けれともとりとめてこの人のありさまをくはしくたつね
うみおとしつる子なとをもとりてむらのもののやしなひ
けるとそこの事はちかきほとの事なり/s19r
1)
底本「くしたりけり」。諸本により訂正
text/ima/s_ima025.txt · 最終更新: 2014/12/23 19:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa