Recent changes RSS feed

今物語

第24話 東山のかたすみにあばれて人もかけらぬあばら屋に・・・

校訂本文

東山の片隅に、あばれて人もかけらぬあばら屋に、いとやさしく、いまだ人慣れぬ女ありけり。庭の荻原まねけども1)、風より外(ほか)は問ふ人もなく、軒端(のきば)の蓬(よもぎ)茂れども、杉むらならねばかひなくて、月に眺め、嵐にかこちても、心をいたましむるたよりは多く、花を見、郭公を聞きても、慰むべきかたは稀(まれ)なることにて、明かし暮すに、清水詣でのついでに、思はぬ他のさかしら出で来て、いたらぬくまなかりし御世に、ただ一夜の夢の契(ちぎり)を結び参らせてける。これも先の世を思へば、かたじけなかりけれども、さしあたりて、歎きに恨みを添へて、心のうち晴るる間もなし。

かひなくあり経(ふ)れど、いま一度(ひとたび)の言の葉ばかりの御情けだに待ちかねて、「よし、これ故(ゆゑ)そむくべき浮世なりけり」と思ひ立ちて、ありし御心知りのもとへ遣はしける。

  なかなかに問はぬも人の嬉しきはうき世を厭ふ頼りなりけり

とばかり、心にくく、幼なびれたる手にて、縹(はなだ)の薄様に書きたるを、折りをうかがひて奏しければ、「まことにさることあり。訪ねざりける、心後れこそ」と、御気色ありければ、やがて走り向ひて訪ぬるに、さらぬだに荒れたる宿の、人住む気色もなきを、やや久しくやすらひて、老ひたる女、一人尋ね得て、ことの様(やう)を詳しく問ひければ、「何といふことは知り侍らず。主(あるじ)は天王寺へ参り給ひぬ」と言へば、やがてそれより天王寺へ参り、寺々を訪ぬるに、亀井のあたりに大人しき尼一人、女房二三人ある中に、いと若き尼の、ことにたどたどしげなるがあり。この心知りを見付けて、あさましと思ひげにて、ただ、やがてうつぶして泣くより外のことなし。かたへの者ども、声を立てぬばかりにて、劣る袖なく絞りければ、御使ひも見捨てて帰るべき心地もせず。

大人しき尼は、この人の母なりければ、事の様(やう)細かに尋ねけれども、「もとよりこれは思ひつることなり。何しにかは、君の御故にてさぶらふべき。かしこく」と、言ひもあへず泣きて、その後は答へざりければ、「よしなき御使ひをして、かはゆきことを見つるよ」と悲しくて、さりとても、ここにて世を尽すべきならねば、立ち帰りぬ。

このよしを奏するに、「はしたなの心の立てざまや。心後れが科(とが)になりつるよ」とて、かひながりけり。あはれにも、やさしくも、長き世の物語にぞなりぬる。

みそのの尼の心と、いづれか深からむ。

翻刻

東山のかたすみにあはれて人もかけらぬあはらやに
いとやさしくいまた人なれぬ女ありけり庭の萩原
まねけとも風より外はとふ人もなく軒はのよもき
しけれとも杉むらならねはかひなくて月になかめ嵐に
かこちても心をいたましむるたよりはおほく花をみ
郭公をききてもなくさむへきかたはまれなる事にて
あかしくらすにきよ水まうてのつゐてにおもはぬほかの
さかしらいてきていたらぬくまなかりし御世にたた一
夜の夢の契をむすひまいらせてけるこれもさきの世を
おもへはかたしけなかりけれともさしあたりてなけきに/s16l
恨をそへて心のうちはるるまもなしかひなくあり
ふれといまひとたひのことの葉はかりの御なさけたに
まちかねてよしこれゆへそむくへき浮世也けりとおもひ
たちてありし御心しりのもとへつかはしける
  中々にとはぬも人のうれしきはうき世をいとふたより成けり
とはかり心にくくおさなひれたる手にてはなたのうす
やうにかきたるをおりをうかかいて奏しけれはまこと
にさる事ありたつねさりける心をくれこそと御気色あ
りけれはやかてはしりむかひてたつぬるにさらぬたにあ
れたるやとの人すむけしきもなきをややひさしく
やすらひて老たる女ひとり尋えて事のやうをく
はしくとひけれは何と云事はしり侍らずあるしは
天王寺へまいり給ひぬといへはやかてそれより天王寺へ/s17r
まいりてらてらをたつぬるに亀井のあたりにおとなしき
あま一人女房二三人あるなかにいとわかきあまのことに
たとたとしけなるかありこの心しりを見つけてあさま
しとおもひけにてたたやかてうつふしてなくより外
の事なしかたへのものともこゑをたてぬはかりにておと
る袖なくしほりけれは御つかひも見すてて帰へき
心ちもせすおとなしき尼はこの人のははなりけれは事の
やうこまかにたつねけれ共もとよりこれはおもひつる事
なりなにしにかは君の御ゆへにてさふらふへきかしこくと
いひもあへすなきてそののちはこたへさりけれはよし
なき御つかひをしてかはゆき事を見つるよとかなし
くてさりとてもここにて世をつくすへきならねはたち
かへりぬこのよしを奏するにはしたなの心のたてさ/s17l
まや心をくれかとかに成つるよとてかひなかりけり
あはれにもやさしくもなかき世のものかたりにそなり
ぬるみそののあまの心といつれかふかからむ/s18r
1)
底本「萩原」。諸本により訂正
text/ima/s_ima024.txt · 最終更新: 2014/12/22 21:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa