Recent changes RSS feed

今物語

第18話 伏見中納言といひける人のもとへ西行法師・・・

校訂本文

伏見中納言1)といひける人のもとへ、西行法師、行きて訪ねけるに、主(あるじ)は歩(あり)き違(たが)ひたるほどに、侍の出でて、「何事言ふ法師ぞ」と言ふに、縁に尻かけて居たるを、「けしかる法師の、かく痴(し)れがましきよ」と思ひたる気色にて、侍ども、睨(にら)みおこせたるに、簾(みす)の内に箏(しやう)の琴にて秋風楽を弾きすましたるを聞きて、西行、この侍に、「物申さむ」と言ひければ、「憎し」とは思ひながら、立ち寄りて、「何事ぞ」と言ふに、「簾の内へ申させ給へ」とて、

  ことに身にしむ秋の風かな

と言ひ出(で)たりければ、「憎き法師の言ひごとかな」とて、かまちを張りてけり。西行、はうはう帰りてけり。

後に、中納言の帰りたるに、「かかる痴れ物こそ候へつれ。張り伏せ候ひぬ」とかしこ顔に語りければ、「西行にこそありつらめ。不思議のことなり」とて心憂がられけり。

この侍をば、やかて追ひ出してけり。

翻刻

伏見中納言といひける人のもとへ西行法師ゆきて
たつねけるにあるしはありきたかひたるほとにさふら/s13r
ひのいてて何事いふ法師そといふにゑんにしりかけ
てゐたるをけしかるほうしのかくしれかましきよとおもひ
たるけしきにて侍ともにらみおこせたるにみすのう
ちにしやうのことにて秋風楽をひきすましたるをきき
て西行このさふらひに物申さむといひけれはにくし
とはおもひなから立よりて何事そといふに
みすのうちへ申させたまへとて
  ことに身にしむ秋の風かな
といひてたりけれはにくきほうしのいひ事かなとて
かまちをはりてけり西行はうはう帰りてけりのちに
中納言のかへりたるにかかるしれ物こそ候へつれはり
ふせ候ぬとかしこかほにかたりけれは西行にこそあり
つらめふしきの事なりとて心うかられけり此さふらひ/s13l
ひをはやかておひ出してけり/s14r
1)
源師仲
text/ima/s_ima018.txt · 最終更新: 2014/12/20 18:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa