Recent changes RSS feed

今物語

第16話 ある者所の前を春のころ修行者の不思議なるが通りけるが・・・

校訂本文

ある者、所の前を、春のころ、修行者の不思議なるが通りけるが、檜笠(ひがさ)に梅の花を一枝差したりけるを、児ども、法師など、あまたありけるが、よにをかしげに思ひて、ある児の、「梅の花笠着たる御房」と言ひて笑ひたりければ、この修行者、立ち返りて、袖をかき合はせて、ゑみゑみと笑ひて

  「『みの憂さの隠れざりける物ゆゑに梅の花笠着たる御房』

と仰せられ候やらん」と言ひたりければ、この者ども、「こはいかに」と、思はずに思ひて、言ひ遣りたる方もなくてぞありける。

さうなく人を笑ふこと、あるべくもなきことにや。

翻刻

ある物所のまへを春の比修行者のふしきなるか
とをりけるかひかさに梅のはなを一枝さしたりけるを
児とも法師なとあまた有けるかよにおかしけにおもひ
てあるちこのむめの花かさきたる御はうといひてわら
ひたりけれはこの修行者立かへりて袖をかきあはせて
ゑみゑみとわらひて
  身のうさのかくれさりける物ゆへにむめの花かさきたる御坊
とおほせられ候やらんといひたりけれは此ものともこは
いかにとおもはすにおもひていひやりたるかたもなくてそ
ありけるさうなく人をわらふ事あるへくもなき事にや/s12r
text/ima/s_ima016.txt · 最終更新: 2014/12/19 22:08 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa