Recent changes RSS feed

今物語

第14話 秦公春といひける随身宇治の左大臣殿につかうまつりけるが・・・

校訂本文

秦公春といひける随身、宇治の左大臣殿1)につかうまつりけるが、御沓を参らせけるが、御沓の敷きに千鳥を描かれたりけるを見て、

  沓のうらにも飛ぶ千鳥かな

と言ひたりけるを、とりつぐ殿上人も、物も言はざりけるに、大臣殿(おほいどの)、しばし御沓を履き給はで2)

  難波なるあしの入江を思ひ出でて

と、仰せられたりける。いとやさしかりけり。

翻刻

秦公春といひける随身宇治の左大臣殿につかふまつ
りけるか御くつをまいらせけるか御くつのしきに千鳥
をかかれたりけるをみて
  くつのうらにもとふ千鳥かな
といひたりけるをとりつく殿上人も物もいはさり
けるにおほいとのしはし御くつをはきたまひて
  難波なるあしの入江をおもひいてて
とおほせられたりけるいとやさしかりけり/s11l
1)
藤原頼長
2)
底本「たまひて」。松平文庫本・内閣文庫本・群書類従本により訂正。
text/ima/s_ima014.txt · 最終更新: 2014/12/18 21:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa